iPhoneの故障事例や、修理行程履歴をご紹介致します!

iPhone5 バッテリー大膨張! / iPhone 6s 画面割れ修理の紹介!

iphone修理 上野  ならお任せください!

 

こんにちは! iPhone修理あいさぽ上野店です!
新型コロナウィルス感染症対策による営業自粛要請を受けまして、
4月より営業を休止しておりましたが、
2020/6/1より、営業を再開いたしました!

早速様々な相談をいただいております!
ご来店まことにありがとうございます!

 
その中から今回も2件ほど修理内容の紹介をいたします!
1件目は中々に衝撃的かもしれないものを頂きました。

 

○iPhone5 大きく膨張したバッテリーを交換修理

修理日時:2020年6月1日

修理機種:iPhone5

修理費用:4980円(税別)

修理時間:15分

 

・修理前の状態(故障状況)

充電したまま数日放置していたら、バッテリーが激しく膨張し、

液晶パネルが内側からの圧力に耐え切れず突き破り、

中が開いてしまっています。

この様な大膨張が発生すると、パネルの開き方によっては、

パネルと基板をつなぐケーブルが断線してしまい、

タッチが効かない、液晶が表示されないなどの二次トラブルが

発生する恐れがあります。

・修理内容と手順

1、本体下部の下ネジを外す

 

本体の下部にあるネジを外すことで。
液晶パネルが開けるようになります。

 

2、専用ヘラで画面の接着を剥がしていく

パネルと本体を固定する金属製のツメを
ヘラを用いて外していきます。

今回のようにバッテリーが膨張してしまい
パネルを突き破ってしまっている場合は、
特にこのツメを外す作業を慎重に行わなくてはなりません。
パネルの周囲を囲むプラスチック部分が
割れてしまう恐れがあるためです。

 

3、画面を縦開きに開ける

パネルを本体から外したら、バッテリーが外せる状態になります。
電気的トラブルを防ぐため、先にバッテリーを外します。

4、バッテリーコネクタを外す

バッテリーと本体を接続するケーブルを外します。

このケーブルはメタルプレートで固定されている為、
まずこのメタルプレート(3、添付画像の赤四角部分)を
取り外せば、このようにバッテリーコネクタが外せるようになります。

 

4、バッテリーを取り外す(手順としてはイレギュラーケースです)

バッテリーを端末より取り出します。
もちろん左のバッテリーが状態良好の新品になります。
右側の膨らみ方がすさまじいですね。

通常、このようなバッテリーを端末からはずす作業は、
液晶パネルを外した後に行います。
これは、バッテリーの脱着作業中に
パネルと本体を接続するケーブルが
断裂してしまうリスクを回避するためです。

しかし、今回のようなケースでは、
既にバッテリーの膨張により、
バッテリーとパネルを接着する
両面テープが引き剥がれてしまっている状態であり、
いずれにせよ、新しいバッテリーを接続する際に
パネルのケーブル断裂リスクを回避するため
パネルを一度外す作業を行う為には、
膨張したバッテリーが作業の邪魔となりますので、
先にバッテリーを取り出しています。

5、液晶パネルコネクターを外す

    

上記にもありますとおり、新しいバッテリーを付ける作業を通じて、
液晶パネルのケーブル破損リスクを回避するため
パネルを一旦外します。
メタルプレートを固定するネジ3本を外します。

プレートを左に起こせば、メタルプレートと基板を
固定している左側のツメが外れます。
これによりプレートを外すことが出来ます。

後は基盤とパネルを接続するコネクタ3本を外せば、
パネル外しが完了です。

6、バッテリーを取り付ける

新しいバッテリーを乗せて再接着します。
バッテリーコネクタは電気的トラブル対策として、
修理完了直前まで接続せずに、
このままパネルを再接続します。

(補足)バッテリーの膨張が原因でパネルのプラスチック部分に破損個所がありましたが、
   今回はお客様希望でパネル交換修理が不要となりました為、
   交換を行わずに組み立てを行っております。

7、パネルの再接続

ディスプレイコネクタ、タッチセンサーコネクタ、
近接センサーケーブルコネクタの3本を基板の元のコネクタに再接続します。

その後メタルプレートを取り付け、3本のネジで留めます。

8、バッテリーの接続し、パネルを閉じる。

バッテリーコネクタを接続し、
動作確認を行います。

動作に問題が無ければ、パネルを閉じて、
本体の下部にあるネジを取り付け、修理完了です。

 

 

・修理後の状態

Before      

after

新しいバッテリーに交換されたことにより、

端末を綺麗に閉じる事が出来ました。

上野駅iphone修理 ならこちら

 

○iPhone6sの画面割れ修理

修理日時:2020年6月7日

修理機種:iPhone6s

修理費用:5480円(税別)

修理時間:60分

・修理前の状態(故障状況)

液晶割れが酷く右下に剥がれが生じている状態

 

・修理の内容と手順

 

1、本体下部の下ネジを外して開く

本体の下部にあるネジを外します。
すると画面が開くようになるのでiPhone6Sの場合縦に開きます。

2、液晶パネルコネクタ、バッテリーコネクタを外す

画面が開いたら上の画像赤枠で囲っているプレートのネジを外していきます。
プレートが外れましたらコネクタがあるので、コネクタを全て外します。
この時に必ずバッテリーコネクタから外していきます。

コネクタが全て外れましたら液晶と本体が分かれます。
ここまでの流れは上のiPhone5のパネル外しまでと
同じ要領になります

 

4、液晶パネルについている部品を全て外す

液晶にもプレートがありますのでこちらも全て外していきます。
プレートが外れましたらインカメラとホームボタンを外します。
この際に必ず気をつける事はホームボタンを傷を付けずに外すことです。
ホームボタンを傷つけてしまうと指紋認証機能が失われてしまいます。
パーツが全て外れましたら新しいパネルに移植します。

 


こちらが移植後です。

9、本体に取り付け、パネルを閉じる


パネルにパーツを移植したら、
上のiPhone5と同じ要領で本体に取り付けていきます。
この際に完全に閉めず動作確認をします。
動作確認ができましたら閉じで修理完了です。

○修理上の注意点

iPhone6Sのホームボタンには指紋認証機能がついている為破損させない様慎重に取り外しを行わなければなりません。
破損させてしまうと指紋認証としての機能とホームボタンとしての機能が失われてしまいます。

液晶不良を起こさない為の事前対策・日常の注意点
iPhoneは精密機器の為衝撃に強くありません。
その為落下による衝撃や、圧迫により液晶が割れてしまったり液晶表示に不良が生じてしまう場合も少なくありません。
その為の対策としてケースの装着やガラスフィルムを付けて頂くと割れづらくなります。

「あいさぽ上野店」では当店でフィルムをご購入されたお客様にサービスで貼り付けを行っております。ぜひご利用ください。

上野iphone修理安い  ならこちら

【あいさぽ上野店 ご案内】

あいさぽ上野マルイ店

あいさぽ 上野マルイ店 

電話    0120-989-554

営業時間  11:00-20:30

【公共交通機関をご利用の場合】

●JR上野駅 広小路口 徒歩約1分

●東京メトロ銀座線上野駅 5b口 徒歩約2分

●東京メトロ日比谷線上野駅 4番口 徒歩約2分

●JR上野駅 広小路口 徒歩1分 ●上野マルイB1

※キャッシュレス決済5%還元は6月末を持って終了予定となります。

iphone5修理について

・フロントパネルのひび割れ
・画面表示不良
・タッチパネル不良(タッチが効かない)
・バッテリー交換
・カメラが映らない/映りが悪い
・リアカメラ、カメラ周りのバックガラスが割れた
・コネクタ不良(充電ができない等)
・ホームボタンの故障
・音量ボタンが効かない
・スリープ(電源)ボタン故障
・バイブレータがきかない
・相手や自分の声が聞こえない
・電源が入らない
・水没してしまった
・その他故障トラブル修理

iphone6s.6sp修理について

・フロントパネルのひび割れ
・画面表示不良
・タッチパネル不良(タッチが効かない)
・バッテリー交換
・カメラが映らない/映りが悪い
・コネクタ不良(充電ができない等)
・ホームボタンの故障
・音量ボタンが効かない
・スリープ(電源)ボタン故障
・バイブレータがきかない
・相手や自分の声が聞こえない
・電源が入らない
・水没してしまった
・その他故障トラブル修理