iPhoneの故障事例や、修理行程履歴をご紹介致します!

iPhone12Proリアカメラ修理のご紹介

iPhone12Proリアカメラ交換

修理日時:2021年2月6日
修理機種:iPhone12Pro
修理費用:19,800円(税込)
修理にかかった時間:30分 

iPhone修理アイサポ上野マルイ店電話

 

修理前の症状(故障状況)

 

今回お持ち込みいただきました機種はiPhone12Proです。

お客様からリアカメラの焦点が合わないとの事でお持ち込みいただきました。

 

お持ち込みして頂いた時の状態です。

写真では分かりませんが画面がぶるぶる震えています。

それでは、修理にとりかかります。

修理内容、手順

1.フロントパネルを外す

 ライトニングコネクター横のネジ2本外します。

iPhone12シリーズはかなり強力な粘着テープで貼り付けられていますので、そのままフロントパネルを外そうとするとほぼ確実に表示装置を傷めます。

温める事で粘着を弱め、フロントパネルを外しやすくします。

金属ヘラでパネルと本体シェルの間に隙間を作り、そこからプラスチックヘラを使い粘着をはがしていきます。

iPhone12シリーズはiPhoneX~iPhone11シリーズとは逆の左向きに開きます。

横向きにした状態で、中央上部と右上の金属カバーとコネクターを外します。

中央上部はケーブルが2本重なっているので、忘れずに2本ともコネクターを外しましょう。

パネルが分離できました。

2.リアカメラの取り外し

ネジ4つ外してリアカメラの金属カバーを外します。

カメラのコネクターを外します。

ここもフロントパネル同様ケーブルが2本重なっていますので、両方とも外しましょう。

 

コネクターを外したらリアカメラを外します。

※写真は交換用カメラです。

 

3.リアカメラ取り付け

特に難しいことはなく、外した時と逆の手順でカメラをセット、コネクターをはめ込みます。

金属カバーを取り付けます。

右側にツメが2か所ありますので、このツメをひっかけるようにセットします。

4.フロントパネルの取り付け

防塵テープを貼り換え、まずは右上のコネクターを付け、金属カバーを取り付けます。

金属カバー右下にはツメがあるのでひっかけてからネジ留めしましょう。

お次は中央上部のコネクターです。

ケーブル2本はめ込んだら金属カバーを取り付けます。

パネルを閉じ、外部ネジで留めたら完了です。

修理後の状態

画面のぶるぶるも改善し、焦点を合わせることが出来るようになりました。

症状を悪化させないための事前対策・日常の注意点

外部ショックによるリアカメラの故障は、画面割れやバッテリー不良と比較して緊急度は低いかもしれません。

また、そのままにしておいても症状が悪化する恐れもほぼ無いと言っていいでしょう。

しかし、せっかく高機能カメラを搭載した機種ですから、早めに修理する事をお勧めいたします。

iPhone12Proの修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・フロントパネルのひび割れ(小さなひび割れ、画面全体の破損)

・画面表示不良(緑の線、画面真っらで映らない)

・タッチパネル不良(タッチが効かない、触ってもいない場所が勝手に反応する)

・バッテリー交換(電池の消耗が早い、バッテリー膨張)

・カメラが映らない/映りが悪い(ピントがずれる、ぼやける)

・カメラの外側のガラスレンズが割れてしまった。

・コネクタ不良(充電ができない、充電ケーブルが折れて取れなくなった)

・スリープ(電源)ボタン故障

・バイブレータがきかない

・相手や自分の声が聞こえない(声が小さい、雑音ノイズが入る)

・電源が入らない

・水没してしまった

・その他故障トラブル(リンゴループ、再起動を繰り返す等)

店舗情報

【店舗名】

iPhone修理アイサポ上野マルイ店

【住所】

〒110-0005
東京都台東区上野6-15-1

上野マルイ3F

【電話番号】

0120-989-554

【営業時間】

10:00~20:00(修理最終受付は19:00まで)

【アクセス】

●JR上野駅 広小路口 徒歩約1分

●東京メトロ銀座線 上野駅 5b口 徒歩約2分

●東京メトロ日比谷線 上野駅 4番口 徒歩約2分

iPhone 修理 上野