iPhoneの故障事例や、修理行程履歴をご紹介致します!

iPhoneXR液晶破損修理、iPhone7plusバッテリー交換のご紹介!

iphone修理 上野  ならお任せください!

iPhoneXRの液晶画面修理

修理日時:2020年3月3日

修理機種:iPhoneXR

修理費用:24800円(税別)

修理時間:30分

 

・修理前の状態(故障状況)

画面の右下からひび割れがあり、液晶シミが出ている状態。

タッチパネル不良も画面下部に発生しています。

・修理内容と手順

1、本体下部の下ネジを外す。

写真中央の充電コネクタ―付近にネジが2本取り付けられている。

こちらを星型ネジドライバーを使用してネジを外します。

2、専用ヘラで画面の接着を剥がしていく。

画面の内側に防塵テープが取り付けられているため、接着面を専用ヘラを使って

剥がしていきます。ヘラの内部への入れ過ぎに注意して作業をします。

3、画面を横開きに開ける。

防塵テープの接着が剥がれたら、ディスプレイと繋ぐケーブルに注意して

SIMトレーがある側へ画面を開けていきます。

4、コネクターカバーの取り外し

左側の写真がイヤースピーカーで右側の写真がディスプレイとバッテリーコネクタカバーです。

ぞれぞれのネジを取り外しコネクターが見えるようにする。

5、バッテリーコネクターを外す

iPhoneXRはディスプレイケーブルの下にコネクターが隠れているため断線しないように

コネクターカバーを外して、バッテリーコネクタを外します。

6、イヤスピコネクターカバーの取り外し

リアカメラ付近は+ネジが取り付けられており、こちらからはずしていく。

リアカメラとコネクターカバーをつなぐステーは曲がりやすいので必ず

リアカメラ側のネジから取り外す必要があります。

7、本体からディスプレイの分離

コネクターカバーが外れたらすべてのコネクタ―を外していきます。

はずす際には、特にイヤースピーカーケーブルを断線させないように注意します。

8、ディスプレイに取り付けてあるパーツの分離

ディスプレイにもいくつかパーツが取り付けてある。

まずは上部にネジで固定されているイヤースピーカーを取り外します。

X,XSと違ってセンサー部分に小さなブラケットがあるためピンセットで変形しないように外す。

ケーブルの根本には接着された部分もあるためしっかり接着シールをはがしておくこと。

スピーカー口周辺はパネルに直接接着されているのでマイナスドライバーで慎重にはがしていく。

9、バックプレートの分離

次はディスプレイ裏に取り付けられたバックプレートを取り外します。

バックプレートの周りには数カ所ネジが取り付けられており全て取りはずします。

10、バックプレートの取り外し

ディスプレイケーブルもバックプレートに接着されているためヘラを使い剥がしていく。

特にチップが取り付けてある部分はしっかり接着されているので断線に注意する。

プレート裏側にもケーブルが通っており、そちらも接着を丁寧にはがします。

11、液晶パネルの取り替え

新しく用意したパネルへ変更する、まずはバックプレートを取り付けます。

プレートの位置決めやケーブルを穴に通すなどし元の状態を再現していく。

プレートの下部には2本爪がでているのでしっかりとツメを画面の隙間へ入り込ませましょう。

12、イヤースピーカーの取り付け

イヤースピーカーの取り付けについてはネジを4本で固定するのみです。

ポン付で取り付け可能となります。

13、防塵テープの取り付け

防塵テープを本体フレームに沿って取り付ける。

防塵や浸水を防ぐだけでなく、ディスプレイを張り付けて固定する役目もあります。

14、ディスプレイの取り付け

次はディスプレイの取り付けを行う。

ケーブルを本体へ接続し、コネクターカバーを取り付けて本体にフタをします。

バッテリーケーブルをつなぐのは一番最後にやること!!

15、ディスプレイを閉じる

閉じる際にはケーブルが画面とフレームの間にはさみこまないようにする

断線の原因となり、タッチ不良、液晶が映らないなどが発生する可能性があります。

16、修理完了

最後にフレームにそって画面を押さえていきます。

XRは画面の厚みがあるためディスプレイが入りきっていない場合があります。

力を入れ過ぎずに圧力をかけてディスプレイを接着します。

・修理後の状態

Before      

after

画面割れと液晶シミが消えて、新品の輝きを取り戻しました。

ガラス面が綺麗に光を反射させております。

・修理時の注意点

基本的に画面が分厚くなっており、開封時の鉄ヘラを深く挿し込みます。

内部の損傷に注意しながらの作業となります。

バッテリーコネクターがディスプレイケーブルに隠れている為

こちらもケーブルの断線させないように注意が必要です。

・液晶を破損させないための事前対策、日常の注意点

液晶破損の原因として一番多いのは落下によるダメージです。

生活においてスマートフォンは多様するものであり落下させないというのも難しいため

耐衝撃性に優れたケースを使用することで格段に画面の破損を防止できます。

ガラスフィルムもセットで装着することでさらに耐久性を上げることも可能です。

 

上野駅iphone修理 ならこちら

 

○iPhone7plusのバッテリー交換

修理日時:2020年3月2日

修理機種:iPhone7plus

修理費用:5980円(税別)

修理時間:30分

・修理前の状態(故障状況)

バッテリー最大容量が74%と交換目安の80%以下の状態である。

これ以上劣化が進むと、電源落ちや起動不良が発生することになるかもしれない。

1、本体の開封

画面を右方へ起こしてiPhoneを開けていきます。

2、ディスプレイコネクタを外す

コネクターカバーを取り外したら、バッテリーコネクタを外す

次にディスプレイコネクタを取り外します。

この時画面を開きすぎないように90度くらいでキープしておく。

3、インカメラケーブルの取り外し

本体上部にあるインカメラケーブルを取り外します。

ディスプレイ同様、カバーを外してコネクターをヘラを使い取り外していきます。

4、バッテリー周辺のパーツ取り外し

本体下部、バッテリーの下にあるバイブレータを取り外していきます。

5、バイブレーターの取り外し

バイブのさらに下にある黒いブラケットの中にコネクターが隠れています。

コネクターをはずして、バイブ自体を固定しているネジを取り外します。

6、バッテリーの取り外し

バッテリーの下にスペースがあいたら、バッテリーシールを引っ張り剥がします。

plus系は3枚あるのですべて切れない様にゆっくりと力をかけて引っ張ります。

7、バッテリーの取り付け

予めシール貼っておいたバッテリーを用意しました。

前工程にて取り外したバイブレーターをもとに戻してからバッテリーを置きます。

さきにコネクターを取り付けてバッテリーの位置決めをすると取り付けやすくなります。

8、防塵シールを張り付ける

お決まりの防塵シールです。

フレームに沿ってキレイに貼り付けていきましょう。

9、画面を閉じる

ディスプレイケーブルを取り付けたらカバーで固定して画面を閉じます。

10、修理完了

バッテリーの最大容量は100%なりました。

・修理後の状態

Before            after

最大容量が74%から100%へと更新されました。

・修理時の注意点

バッテリーコネクターを取り外す際は基板を損傷させないように慎重に。

バッテリーを取り外すときは、バッテリー自体を折り曲げたり穴をあけない様に注意する。

 

今回の修理はiPhoneXRとiPhone7plusの修理でした。

最近はじまったばかりのXRですがどしどし修理受けております。

そろそろiPhone11もやってみたいところです(>_<)

 

上野iphone修理安い  ならこちら

【あいさぽ上野店 ご案内】

あいさぽ上野マルイ店

あいさぽ 上野マルイ店 

電話    0120-989-554

営業時間  11:00-20:30

【公共交通機関をご利用の場合】

●JR上野駅 広小路口 徒歩約1分

●東京メトロ銀座線上野駅 5b口 徒歩約2分

●東京メトロ日比谷線上野駅 4番口 徒歩約2分

●JR上野駅 広小路口 徒歩1分 ●上野マルイB1

 

iphoneXR修理について

・フロントパネルのひび割れ
・画面表示不良
・タッチパネル不良(タッチが効かない)

iphone7.7p修理について

・フロントパネルのひび割れ
・画面表示不良
・タッチパネル不良(タッチが効かない)
・バッテリー交換
・カメラが映らない/映りが悪い
・コネクタ不良(充電ができない等)
・ホームボタンの故障
・音量ボタンが効かない
・スリープ(電源)ボタン故障
・バイブレータがきかない
・相手や自分の声が聞こえない
・電源が入らない
・水没してしまった
・その他故障トラブル修理