iPhoneの故障事例や、修理行程履歴をご紹介致します!

iPhoneX画面修理、iPhone7ライトニングコネクタ交換

 

○iPhoneXのディスプレイ修理

 

iphone修理 上野  ならこちら

 

修理日時:2019年1月3日

修理機種:iPhoneX

修理費用:26800円(税別)

修理時間:30分

 

・修理前の状態(故障状況)

 

主に画面の右上が破損している状態でダイヤルの#の表示されるところに液晶のシミがあり

縦一列で3~#箇所にタッチ不良が発生しているため押せない状況である。

 

・修理内容と手順

 

1、画面下部のネジを取り外す

iPhoneXの角度を変えて下からみた写真。

充電コネクターの左右にあるネジで画面が固定されているため

このネジ2本を取り外す必要があります。

 

2、画面を開ける

プラスチック製の特殊なヘラを使用して画面を起こします。

注意点として内部にヘラを差し込み過ぎないようにすること

内部のコンポーネントやケーブルを損傷させてしまう可能性があるためです。

 

3、画面を開ける(横方向へ)

iPhoneXは横開きになるため、防塵テープをしっかり剥がしたら

右側を支点にして開けていく、このときディスプレイには金属の爪があるので

本体基盤に干渉させないように少し浮かせてから慎重に画面を開く必要がある。

 

4、画面の分離

画面が開いたら、基盤に接続されたディスプレイのケーブルをすべて外す

本体への電力供給を止めるためにバッテリーから外すようにする。

iPhoneXについては基盤へ接続されたコネクターが密集しているため

必要な物だけを取り外し基盤への影響が無いようにコネクターの端を狙って外す。

 

5、ディスプレイパーツの分離

iPhoneXのディスプレイにはイヤースピーカーとセンサーが取り付けられている

フロントマイクとイヤースピーカー、環境光センサー、近接センサー、faceIDのセンサー

これらのセンサーは工場出荷時に本体とペアリングされているため新しいディスプレイに

取り付ける必要があります、この移植をしなければfaceIDの機能が失われてしまうからです。

もし、破損時にfaceIDが使えなくなっているとしたらこのパーツの破損が考えられます。

 

6、防塵テープの貼り付け

本体内側のフレームには防塵テープというものが貼られております。

このテープは内部への埃の侵入を防ぎコンポーネントが損傷するのを防ぎます。

少量の水分も防げますが、完全に浸水してしまうような状況では運しだいです。

工程1にてご紹介しましたが、ディスプレイを固定しているのは基本的にネジ2本ですが

防塵テープにもディスプレイを固定する役割もあるため装着時には

フレームに沿ってディスプレイを押し込みテープに接着する必要があります。

 

7、ディスプレイの取り付け

ディスプレイを取り付ければ完成となります。

取り付けの際も金属の爪が本体基盤へ干渉しないように気をつける

ディスプレイとフレームの間にケーブルが挟みこまないようにも注意して作業を進める。

 

・修理後の状態

Before 

画面破損の状態

after

新品の輝きを取り戻したiPhoneX

 

・修理時の注意点

開封時にディスプレイの金属部分が本体へ干渉しないようする

コネクターを取り外す際には端を狙って基盤への干渉を最小限にする

取り付ける際にも金属爪の干渉に注意とディスプレイケーブルの挟み込みに注意する

 

上野駅iphone修理 ならこちら

 

○iPhone7ライトニングコネクタ交換

 

修理日時:2019年1月4日

修理機種:iPhone7

修理費用:8980円(税別)

修理時間:40分

 

・修理前の状態(故障状況)

 

お客様のご申告によると、充電して就寝したはずが充電ができていなかった

よく見るとケーブルをつないでも充電が反応していないことに気がついた。

新品のケーブルを使用してみたが充電はできず、再起動も試してみたが反応がない。

店頭にて充電テストを行ったがどのケーブルやコンセントも反応は無かった。

充電コネクター自体に問題があると特定し修理することになりました。

 

・修理内容 手順

 

1、画面の開封

下ネジをはずし画面を取り外す必要があります。

今回は画面が割れていないため、開けるときに画面とディスプレイケーブルを

破損させないように慎重に作業を進めなければいけません。

割れていないディスプレイの防塵テープを剥がすのはとても大変です。

 

2、画面の分離

画面が開いたらディスプレイを分離させます。

電圧を抜くために最優先でバッテリーコネクタを取り外し

上下あわせて3本のディスプレイコネクターを外していきます。

 

3、本体基盤、その他のパーツを分離させる

iPhone7ライトニングケーブルは基盤の裏を通って取り付けられているため

まずは基盤自体の取り外しが必要となります。

基盤にはすべてのパーツがつながっているためリアカメラや電波アンテナなど

取り外した上でライトニングケーブル交換へと進めます。

 

4、パーツの分離 その2

本体基盤を取り外せたら、次はライトニングケーブルの上に乗っているパーツ

バイブレーター、スピーカーを取りはずす必要があります。

こちらも健全な部品のため損傷させないように取り外しには注意が必要です。

 

5、ライトニングコネクタの取り外し

基盤や各パーツを取り外したらライトニングケーブルを取り外します。

角度を変えて下部の内側を見た写真ですが、電波アンテナがネジで固定されているのと

充電口の左右にある四角形のパーツはマイクであり隙間無く接着されています。

接着部分を綺麗に剥がした上でケーブルを外さなければパーツ損傷の危険があります。

 

6、部品の準備

部品を取り付ける前に正常に起動するのかを確認

目視検査で破損が確認される場合はそのパーツは使用しない。

写真はこれから使用する新品のライトニングコネクターである。

 

7、ライトニングコネクターの取り付け

取り付けの注意点として、赤丸で囲んである位置を本体にマーキングに合わせて

ケーブルを取り付けなければいけない、位置が合わないと基盤を取り付けられなくるため

もう一点ですが、充電ケーブルが刺さらないと充電ができないためこちらの位置決めも必要

差込が異常に硬くなったりすると力を入れて抜き差しするようになるため

そのまま使用し続けるとケーブル断線を誘発することにもなります。

 

8、本体の組み立て

正常な位置にライトニングが取り付けできたら

全工程の逆手順で基盤とパーツをすべて取り付けて画面を閉じる。

組みつけが終わったら充電テストで正常に充電ができることを確認。

 

・修理後の状態

Before 

充電ができなかった状態から

after

充電可能な状態への復帰

 

・修理時の注意点

充電ができないこと以外はどの機能も正常に動いているため

修理後にディスプレイの機能をはじめすべてのパーツが動くことが当然です。

基盤を取り外すため、最新の注意が必要。

ライトニングは充電以外に、マイク、モバイル電波、スピーカー、バイブレーターなどの

機能とつながっているため、動作確認時に正常起動しているか特に確認が必要です。

 

今回はiPhoneXの画面修理とiPhone7のライトニング交換でした。

iPhoneXの画面修理は「メーカー修理だと30400円」とまだまだ高額

あいさぽでの修理も増えつつあります、予約無しで当日対応するため迅速な対応が可能です。

ライトニング交換についても随時在庫を確保しております。

似たような症状でお困りの際はあいさぽ上野店までご相談ください。

 

上野iphone修理安い  ならこちら

 

【あいさぽ上野店 ご案内】

あいさぽ上野マルイ店

あいさぽ 上野マルイ店 

電話    0120-989-554

営業時間  11:00-20:30

【公共交通機関をご利用の場合】

●JR上野駅 広小路口 徒歩約1分

●東京メトロ銀座線上野駅 5b口 徒歩約2分

●東京メトロ日比谷線上野駅 4番口 徒歩約2分

●JR上野駅 広小路口 徒歩1分 ●上野マルイB1

 

iphoneⅩの画面修理について

・フロントパネルのひび割れ
・画面表示不良
・タッチパネル不良(タッチが効かない)
・バッテリー交換
・カメラが映らない/映りが悪い
・コネクタ不良(充電ができない等)
・スリープ(電源)ボタン故障
・バイブレータがきかない
・相手や自分の声が聞こえない
・電源が入らない
・水没してしまった
・その他故障トラブル修理

iphoneのiPhone7修理について

・フロントパネルのひび割れ
・画面表示不良
・タッチパネル不良(タッチが効かない)
・バッテリー交換
・カメラが映らない/映りが悪い
・コネクタ不良(充電ができない等)
・ホームボタンの故障
・音量ボタンが効かない
・スリープ(電源)ボタン故障
・バイブレータがきかない
・相手や自分の声が聞こえない
・電源が入らない
・水没してしまった
・その他故障トラブル修理