iPhoneの故障事例や、修理行程履歴をご紹介致します!

iPhoneSEバッテリー交換をご紹介! (バッテリー膨張と消耗劣化)

iphone修理吉祥寺ならこちら

iPhoneSEのバッテリー交換 (取り付け不良による膨張)

 

修理日時:2019年11月29日

修理機種:iPhoneSE

修理費用:4,980円(税別)

作業時間:20分

 

○修理前の症状(故障状況)

 

iPhoneSEのバッテリーが膨張したことで画面向かって右側部が浮いて隙間が出来ている状態

再起動を繰り返すことが多く、しばらくすると電源が落ちて起動しなくなりました。

お客様は3か月前くらいに他の業者にてバッテリーを交換されているとご申告がありました。

バッテリーの状態を確認してみるが最大容量は38%かなり悪い状態が確認されました。

はたしてどのようなバッテリーが使用されているのだろうか。

内部を確認すると膨張してかなり膨らんだ状態が確認されました。

お客様のご申告通り、他社製のバッテリーも使用されております。

しかし、通常ならバッテリーの下部についているシールタブがありません。

これはバッテリーをはずす作業が難航しそうです。

 

○修理内容・手順

 

1、バッテリーを本体からはずす。

通常であれば伸縮性のあるシールを引っ張ることでとれますが

今回はイレギュラーとして両面テープが使われていました。

この様な取り付け方であれば短期間で膨張した理由がわかります。

 

2、バッテリーシールを張り付ける。

元々ついていたテープを綺麗にはがした後

新たなバッテリーシールを張り付けます。

まっすぐ中心に綺麗に貼り付けることで次回の交換作業もやりやすくなります。

 

3、バッテリーの設置

バッテリーをシールの上に置いてしっかり接着させます

この時固定が甘いとバッテリーが外れて中でカタカタと暴れ出し

膨張や再起動が多発するなど不安定な症状がでることに。

後は、コネクターカバーをしっかり固定し画面を取り付けて作業は終了です。

 

○修理後の状態

 

交換作業後のバッテリーの状態を確認します。

100%と正常な状態を確認できました、急激な電池の消耗

起動不良もなくなり問題なく動作を確認しました、安心してご使用いただけます。

Before

after

 

○修理時の気をつけるポイント

 

バッテリー交換は手順を理解すると簡単な作業ですが

今回のように両面テープなどで取り付けられている場合は無理やり剥がしてバッテリーを交換することになります。

絶対にやってはいけないこととして、バッテリーを折り曲げたり変形させる

傷つけたり、穴をあけるなど、はずす際に本体基盤や周辺の部品を損傷させないようにする。

バッテリーが発火した場合はものの数秒で燃え尽きるので消火が間に合わないことも。

さらに、バッテリーと本体をつなぐコネクター部分を綺麗にはめ込むこと!

本体側が壊れると基盤自体を修理しなければいけなくなりますから

これから個人で交換を検討される方は慎重に丁寧に作業を進めていく必要があります。

 

○今後膨張を防ぐにはどうしたらよいか?

 

今回のケースは他修理業者の作業不良によるものが原因とみられます。

ですが、環境や使用状況によっては膨張を誘発してしまうことも。

対処としては次の方法が例として挙げられます。

・長時間過充電を行わない

長時間の過充電はバッテリーの劣化を早めます

充電をして就寝にといったお気持ちもわかりますが十分に充電してあれば

その充電は必要ないかもしれません。

通知が多い方は通知の度に放充電が繰り返されるのでさらに寿命を縮めることに。

・高温の場所にiPhoneを置かない

直射日光で40度を超えるなどは非常に危険!

暖房の近くで熱風が直接あたる状況は避けましょう。

・充電しながら使用しない

最近は、高画質のゲームや動画が出てきて気が付くとバッテリーが半分に!

なんてことは良く有りますよね、放充電を同時に行う事で急速に

バッテリーの寿命を縮めることになりますので気持ちはわかりますが

出来る限り充電と使用の同時は避けてご利用ください。

 

今回、他業者とは言え交換してたった3ヶ月で使えなくなってしまっため

バッテリーにお客様は今後どこで修理したらよいか不安になれておられました。

もちろん、我々「iPhone修理アイサポ」でご交換頂ければ6か月間の保証がりますし

是非とも御利用頂きたいところでございますが

安心といえばやはりメーカーの正規サービスが一番なのでしょうか?

いつも予約でいっぱい、待ち時間長いのが嫌だという方がほとんどかと。

多数ある民間修理業者から選ぶとして「総務省登録修理業者」というものがあり

もちろん「アイサポ」もその業者のひとつです。

もし、お近くにあいさぽが無い場合は選択肢として参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

iphone修理吉祥寺おすすめ

 

iPhoneSEバッテリー交換修理 (使用による劣化)

 

修理日時:2019年11月29日

修理機種:iPhoneSE

修理費用:4,980円(税別)

作業時間:20分

 

○修理前の症状(故障状況)

 

続きまして、他の方のiPhoneSEバッテリー交換をご紹介したいと思います。

こちらは通常の劣化でバッテリー状態は78%と最大容量がかなり低下しています。

通常の交換時期は80%くらいなのでまさに交換の時期がきたといったところでしょうか。

さらに状態が悪いため電源が落ちる、急に1%表示になるなどの症状も出始めており

常に充電をしていないと起動もしなくなってしまいます。

 

○修理内容・手順

 

1、本体から画面を分離してバッテリーが確認できる状態にします。

良く見ると軽度の膨張はしていますが、今度は通常の交換内容を御紹介できます。

先程は確認できなかった、純正のバッテリーシールを写真のように

詰まんでひっぱります、角度が悪いと簡単に切れてしまうため注意が必要です。

 

2、バッテリーがはずれたら本体へバッテリーシールを貼り付ける

3、シールの上にバッテリーを乗せて作業完了

写真ではバッテリーが取り外された画像です。

上記の内容とかぶるため写真は省略しました!

 

○修理後の状態

 

バッテリー交換時の最大容量が100%になりました。

元々、本体が小型でバッテリー容量が1624Ahと少ないため

劣化するとより容量が少なく感じてしまうことでしょう。

今後の交換目安として80%程度での交換をご案内致します!

 

○修理時の気をつけるポイント

 

今回は純正ということもあり難なく取り外すことができましたが

ただ、純正であってもシールが熱で劣化し固着してしまうと

引っ張っている途中で切れることがあり、そうなるとバッテリー交換が

難しくなってしまうこともありますので、初動の手ごたえで切れる気配を察知し

切らないように角度を変えて取り外すこともあります。

取り付けの際の注意点としてはやはりバッテリーコネクターの取り付け

コネクターが入る位置に合わせてバッテリーを固定しないと取り付けが困難になり

コネクターの損傷につながる可能性も!

修理で預かって起動不良になるとかは一番避けなければなりません!!

 

 

お客様よりどんなバッテリーを使って修理をするのか

尋ねられることがしばしばございます。

あいさぽが使用するバッテリーは電気用品安全法に基づいた

安全基準を満たしたバッテリーになります!

安心してください!ちゃんとしたバッテリー使用してますよ!

 

今回はiPhoneSEのバッテリー交換で2パターンをご紹介いたしました。

なかなかイレギュラーもございますが、良い状態に戻せるように精進しております。

お近くへお立ち寄り頂いた際には是非とも御利用ください!

 

iphone修理吉祥寺安い

 

【アイサポ丸井吉祥寺店 ご案内】

・営業時間 10時30分~20時まで営業(最終受付:19時30分)

・アクセス

 吉祥寺駅 【公園口】から徒歩1分

 JR 中央線

 京王電鉄 井の頭線 

・住所 〒180-0003

 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1 丸井吉祥寺店内

・電話番号 0120-981-237

 

iphoneのバッテリー交換修理について

・バッテリーがすぐ切れる
・電源がいきなり落ちる
・充電してもすぐにバッテリーが切れる
・バッテリーの充電が遅い
・バッテリーが膨張している
・バッテリーが発熱している
・バッテリーの充電が遅い