こんにちは、iPhone修理あいさぽ新宿店の佐々木です。

本日ご紹介する修理はiPhone6Plusのバッテリー膨張です。

正面から見ただけでは何の問題もなさそうなこのiPhone6Plusですが、 
横から見てみると、、、 
 
 
 
 
このようにパネルが湾曲し隙間が開いてしまっています。 
バッテリーが膨張し、パネルを持ち上げているようです。 
 
お客様によると突然パネルが持ち上がってきたとの事、 
とってもびっくり!すると共に怖い!と思ってしまいますよね。 
 
 
 
お持ち込みされた状態では下ネジがしっかりはまっているのですが、 
一度下ネジを外してしまうと 
 
 
 
このように、バッテリーの厚みでパネルが持ち上がったままパネルを戻すことが出来ない状態になってしまいました。 
 
膨張したバッテリーはとってもデリケートです。 
外装を破ってしまわないようそーっと取り外しを行います。 
 
iPhoneのバッテリーに使用されているリチウムはたびたびニュースにも取り上げられるように、正しい取り扱いをしなければ発火する事もある素材です。 
 
最近はネット上で手軽にバッテリー交換キット等も売ってはおりますが、スムーズに交換できなかった際の事を考えると、、、やはりきちんと取り扱いの訓練をうけた構造を知っている業者に修理を依頼する事をお勧めします。 
 
あいさぽは総務省の「登録修理業者」として登録されていますので安心してお預けください。 
 
ご自身でバッテリー交換にチャレンジしたらiPhoneが起動しなくなってしまった!バックアップを取っていないのに!という問い合わせがあいさぽには度々ございます。 
その場合、交換可能な部品の故障であれば修理が可能なのですが、交換出来ない箇所が壊れてしまっていると修理が出来ないという結果になってしまいます。 
ご自分で修理にチャレンジする際はバックアップを完璧にとってから!してくださいね。 
 
 
 
さて、こちらが取り外したバッテリーと新しいバッテリーです。 
かなーりぷーっくりと膨らんでいるのがお分かりいただけるかと思います。 
 
こんなに厚みが違うとなるとパネルが閉じられないというのも納得!ですね。 
 
新しいバッテリーを取り付けて動作を確認し、問題なし!となったらパネルを閉じます。 
 
 
 
いかがでしょうか。ぴったりと閉じる事が出来ました。 
 
今回のお客様はバッテリーが膨張してすぐにお持ち込み頂いた為、フロントパネルに不具合はみられませんでしたが、バッテリーが膨張したまま使用し続けるとフロントパネルが内部から押され、圧迫によって表示やタッチに影響が出る場合がございます。 
バッテリーを交換して圧迫がなくなっても表示やタッチの不良が治らずパネルも交換しなきゃ、、、となる前に、お早めにお持ち込みください。 
 
iPhoneの困った!はあいさぽまでお気軽にご相談ください。 
本日も最後までご覧いただきありがとうございます。 
 
 
【あいさぽ新宿店 最寄駅のご案内】
●JR 新宿駅【東南口】から徒歩30秒
●丸の内線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
●副都心線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
●都営新宿線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
 
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-35-3 森治ビル3F
 
新宿iPhone修理 あいさぽ本店