iPhoneの故障事例や、修理行程履歴をご紹介致します!

iPhoneX フロントパネル・バッテリー交換修理

iPhoneX フロントパネル・バッテリー同時交換修理

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

修理日時:2021年11月14日

修理機種:iPhoneX

修理費用:14,700円(税込)

修理時間:1時間

 

iPhone修理 銀座ならこちら!!

 

■修理前の症状(故障状況)

今回はiPhoneXの画面割れとバッテリー同時交換をご依頼頂きましたので、

フロントパネル・バッテリー交換をご紹介いたします。

早速、交換修理していきます。

 

■修理内容と手順

1、フロントパネル開封

 

まずはライトニングコネクター脇のネジ2つを外します。

パネルと本体シェルの間に金属ヘラを差し込んで隙間を作り、プラスチックヘラを使って防塵パッキンを剥がしていきます。

パネルが開いたらコネクターカバーを外し、バッテリーケーブルを外し、映像・タッチ・イヤスピ&感光センサーのケーブルを外します。

本体とパネルが分離しました。

2、イヤスピ&感光センサーを交換パネルに載せ替え

イヤスピ&感光センサーのネジ3つ外します。

右上の赤丸のネジには小さな金属パーツが付いているので失くさない様に注意しましょう。

イヤスピ&感光センサーが取れました。

通常ならカメラガイド下の粘着を剥がすのですが、この端末は一度修理経験がある様で粘着が弱く、簡単に取れました。

あとは交換用パネルに逆の手順で付けていきます。

右上のネジの金属パーツも位置や向きに注意しましょう。

3、スピーカー・タプティックエンジン取り外し

バッテリーシールを剝がすのに邪魔になるので、バッテリー下のパーツを外します。

まずは赤丸のネジを全部外し、金属プレートを手前に起こします。

金属プレートと本体が赤枠のコネクターで繋がっているので外します。

写真では先に外してしまっていますが、真ん中のスピーカーに接続しているコネクターも外します。

コネクターが外れたら金属プレートを取り外し、右下のスピーカーも外します。

赤枠のコネクタを外し、タプティックエンジンも取り外します。

これで準備が整いました。

4、バッテリー取り外し

下側×3、上側×1バッテリーを固定するためのシールを剥がします。写真は端末を逆さに置いています。

耳の部分を引っ張って手に持ち替えてバッテリー下から引き抜くイメージで剥がしていきます。

切れやすいので慎重に剥がしましょう。

取れました。

5、交換用バッテリー取り付け

まずは位置決めの為にタプティックエンジン・スピーカー・金属プレートを元に戻します。

交換用バッテリー裏に固定用シールを貼ります。Qiの充電コイルにかぶらない様、向きに注意しましょう。

まず、コネクターの位置を合わせてから、バッテリーを本体に収めます。

先にコネクターの位置を合わせないと、バッテリーを本体に収めてからコネクターがはまらない・・・なんて事もあります。

6、フロントパネルを閉じる

バッテリーを取り付けたら、本体に防塵パッキンを貼り付け、逆の手順で交換したフロントパネルを戻していきます。

パネルを閉じる時はケーブルを咬まないように注意が必要です。

正常に起動しました。画面の表示やタッチ、バッテリーの持ちも問題なさそうです。

このあとすべてのパーツが問題ない事を確認しました。

 

アイサポでは画面、バッテリー以外のその他修理も承っておりますので、iPhoneの故障でお困りの際はお気軽にご相談くださいませ。

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

iPhoneXの修理について

・フロントパネルのひび割れ

・画面表示不良

・タッチパネル不良(タッチが効かない)

・バッテリー交換

・カメラが映らない/映りが悪い

・コネクタ不良(充電ができない等)

・音量ボタンが効かない

・スリープ(電源)ボタン故障

・バイブレータがきかない

・相手や自分の声が聞こえない

・電源が入らない

・水没してしまった

・その他故障トラブル修理

〒104-0061東京都中央区銀座5丁目7番10号 EXITMELSA(イクジットメルサ)B1F

11時~20時まで営業中(最終受付19時)

 

【アイサポ銀座イグジットメルサ店 最寄駅のご案内】

・東京メトロ銀座線・丸の内線 銀座駅A2出口から徒歩1分
・東京メトロ日比谷線 東銀座駅から徒歩6分
・東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅から徒歩7分

iPhone修理アイサポ銀座イグジットメルサ店