iPhoneの故障事例や、修理行程履歴をご紹介致します!

iPhone8のフロントパネル交換修理について

☆iPhone8 フロントパネル交換修理

修理日時 2021年10月5

修理機種 iPhone8

修理費用¥4,980(税込)

修理時間:40分

 

修理前の症状

今回はiPhone8の画面割れ修理をご依頼頂きましたので

フロントパネル交換をご紹介いたします。

今回はタッチ不良や表示不良といった液晶不良はありませんでした。

早速、交換修理していきます。

 

修理内容と手順

 

1:下ネジを外す

 

iPhone本体の下部に取り付けられている下ネジを星型ドライバーを使い外す

この時に電源を必ず切っておく

下ネジを外し防塵テープをヘラで剥がしていきます。

防塵テープが剥がれたら画面が開くようになるので横向きに開けていきます。

 

2:パネルを分離させる

コネクタカバーを外し、映像ケーブル、タッチケーブル、近接・インカメケーブルを外すと本体とパネルを分離させる事ができます。

3:イヤースピーカーを外す

パネル上部についているイヤースピーカーを外します。

カバーが3つ、イヤースピーカー本体が2つのネジで留めてあります。

 

4:近接センサー・インカメラを外す

近接センサー・インカメラを外します。

パネルに粘着で付いているので、ケーブルに傷を付けないように慎重に剥がしていきます。

カメラレンズに触れると指紋が付いてしまうので注意しましょう。

また、カメラガイド・センサーガイドも再利用する為に外しておきます。

5:ホームボタンを外す

 

ホームボタンカバーを外したらパネルと接続しているコネクターを外します。

 

コネクターを外したら粘着でパネルに貼りついていますので、傷を付けないように慎重に剥がしていきます。

アイサポではiPhone8のホームボタン交換修理はできません。

TOUCH ID搭載機種全般に言えますが、セキュリティ上ホームボタンと基盤が紐づけられており、紐づけられていないホームボタンは指紋認証機能が使えない為です。

綺麗にホームボタンを外すことができました。

 

6:メタルプレートを外す

側面に3つづつ、合計6つのネジで留まっていますのでこれを外します。

ネジを外したら下側のケーブルと粘着で貼りついていますのでこれを剥がします。

これでパネルに付いているすべてのパーツを外すことができました。

7:交換用フロントパネルに各パーツを組み込む

今まで外してきたパーツを交換用フロントパネルに組み込んでいきます。

外すときの逆の手順で大丈夫ですが、最初のメタルプレートの組み込み時は注意が必要です。

iPhone8の場合フロントパネルのケーブル部分にチップが付いていますが、この位置がずれるとパネルをはめ込んだ時に内部干渉で画面が圧迫され、画面に青いシミのようなものが出てしまいます。

 

 

8:動作確認

全て組みあがったら各パーツが正常に動作するか確認します。

iPhone8ではチップの位置、センサーの位置がずれていると正常に動作しない事が多いので注意が必要です。

 

 
 

アイサポでは画面、バッテリー以外のその他修理も承っておりますので、iPhoneの故障でお困りの際はお気軽にご相談くださいませ。

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

iPhone8の修理について

・フロントパネルのひび割れ

・画面表示不良

・タッチパネル不良(タッチが効かない)

・バッテリー交換

・カメラが映らない/映りが悪い

・コネクタ不良(充電ができない等)

・音量ボタンが効かない

・スリープ(電源)ボタン故障

・バイブレータがきかない

・相手や自分の声が聞こえない

・電源が入らない

・水没してしまった

・その他故障トラブル修理

〒104-0061東京都中央区銀座5丁目7番10号 EXITMELSA(イクジットメルサ)B1F

11時~20時まで営業中(最終受付19時)

 

【アイサポ銀座イグジットメルサ店 最寄駅のご案内】

・東京メトロ銀座線・丸の内線 銀座駅A2出口から徒歩1分
・東京メトロ日比谷線 東銀座駅から徒歩6分
・東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅から徒歩7分

iPhone修理アイサポ銀座イグジットメルサ店