iPhoneの故障事例や、修理行程履歴をご紹介致します!

【iPadも直せます!】iPad 6 ガラス割れ修理のご紹介!

吉祥寺でiPhone修理ならアイサポへ!

こんにちは!アイサポ丸井吉祥寺店です!
3月ですね。 中旬になって急に暖かくなってまいりました。
新型コロナウィルスの心配も重要ですが、普通の風邪についても
体調管理が大事になってくる時期でもありますねー。

そして3月といえば新生活開始の区切りの時期でもあります!
そして新しいiPhoneが出る月! 出ましたねiPhoneSE3!

バッテリーの持ちがさらに良くなって最新チップも搭載しつつ5G対応!

といっても、新しいiPhoneを買おうとするとそれなりなお値段飛ばすことになります。
iPhone SE3も64GBで6万円弱ですね…決して安くはありません。

当店では性能面で不足を感じるなど特段理由がなければ、
メンテナンスして使い続けることを推奨しています!

例えばもし当店で治した場合はバッテリー交換は5480円から!
これでお持ちの端末を年単位で継続使用できるので、
ランニングコストはかなり低減されますね!

メンテナンスによる継続利用をもし検討される方も、アイサポ丸井吉祥寺店へ!

アイサポでは即日修理即日お渡し!

バッテリー、液晶の交換も1時間以内でできます!
※混雑状況次第で前後します

データもそのままですので、修理後はすぐにお使いいただけます!

ぜひ以下のリンクからご予約ください!

<<アイサポ吉祥寺店 予約ページ>>

それでは、今回の修理紹介です!
当店ではiPhoneだけでなく、
iPadのガラス割れ修理、液晶交換修理も取り扱いしています!

今回はそのiPadのなかからiPad 6のガラス割れ修理を紹介いたします!

iPhone7Plus、XS Maxなど、重い端末は、重いだけに、
落とした時の衝撃も凄まじいです。

iPadは特にそうですね。
買ったばかりでも、軽い転落で意外と割れます!

もしも割れてしまったら…?
どのように直すのか紹介して参ります!

iPad6 ガラス割れ修理

 

■修理費用:16,800円〜(税込)
■作業時間:2-3日程度

 

〇修理内容・手順

1.ガラスパネルを取り外す

 

まずガラスパネルと本体を接着する
テープの接着を緩めるためiPadを加熱します。

iPhoneでも12以降ではおおよそ加熱前提の接着力の高さですので、
当ブログではこの加熱マットも準レギュラーになってきましたね。

ただし、iPadの場合とiPhoneの場合とで加熱する温度は少々異なります。
やはりiPhoneと比べればiPadの粘着はかなり強力であり、
70-75℃くらいまで加熱しなくてはまともに剥がせません。

      

ゆっくり端末の右以外を除く全ての側面にヘラを差し込んでいきます…。

     

マニュアルに準ずるというより、しっかり隙間をこじ開けて目視で徐々に剥がしていく流れです…
このテープの近くに、Wi-Fiアンテナやホームボタンのケーブルがありますので、
ヘラで傷つけないようになおのこと目視が必要です。

開きました。先ほど右辺以外の全てと言いましたが、
右辺にはガラスパネル一体型になっている
タッチパネルのケーブルがあるためですね。

液晶を固定する4角のネジを外すと液晶が浮かせられます。
この作業をする際にガラスパネルが倒れないように注意します。

液晶、タッチパネル、ホームボタンのケーブルを固定するプレートは
液晶のケーブルと接着テープでくっついていますので、
プレートごと液晶のコネクターを外してしまいます。

接続したまま無理やりプレートから液晶のコネクターを引き剥がそうと
コネクタピンやケーブルを傷つけるリスクもあるので、このプレートは
可能な限りコネクタを外した後も一体型のまま扱います。

これで液晶が取れました。 あとはガラスパネルを引き剥がす作業で
分解作業は終わりですね。

ホームボタンケーブルを外します。

 

タッチセンサーのコネクタを外します。

以上です!
なお、iPad全機種共通ですので割愛しますが、
本体側に両面テープの大量の粘着物質が残ってますので綺麗に掃除しましょう。

最後に、iPad6は、TouchID機能がホームボタンについている関係で、
iPhoneシリーズ同様ホームボタンの移植が必要なので、
この壊れたガラスパネルからホームボタンを引き剥がして…

新しいガラスパネルに取り付けてあげる必要があります。
パネルの縁に黒いテープがついていますね。
これが端末を閉じるために用いられる強力な両面テープです。
青い被覆シートがこのテープの表面についていますね。
これは最後に剥がします。

さて、既に組み立てに片足突っ込んでますが、
ここから組み立てに入ります!

2.組み立て

ホームボタンとタッチパネルのコネクターを本体基盤に接続しまして…

液晶のコネクタを取り付けます!
プレートに空いてる穴をネジ穴に合わせて押し込めば、
問題なく接続できますね。

あとはネジを取り付け…

  

液晶を元の位置に収納し、4つ角のねじ止めをします。

 

ブロワーなどを用いて液晶やガラスパネル、
端末内部隙間などに入り込んだ埃を徹底的に除去します。

最後に、端末を閉じる両面テープの被覆シートを剥がして…


パネルを閉じます。 これで作業完了です!

 

   

なお、iPadの両面テープは接着は完全に張り付けるために
当店ではこの状態で半日以上目安に圧着をかけております。

と、iPad系はやはりiPhoneとはまた別の精密作業の技術が必要ですね。
加えて色々と環境を整備する必要がありますので、
修理キットなどを買って自分で修理はなかなか大変です!

iPad修理はぜひ修理屋さんにお任せください!

そしてよろしければiPad修理もアイサポをで!

ぜひご相談ください!

ご予約はこちらから!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!(^^)/

 

【アイサポ丸井吉祥寺店 ご案内】

・営業時間 10時30分~20時まで営業(最終受付:19時00分

・アクセス 吉祥寺駅 【公園口】から徒歩1分

 JR 中央線 / 京王電鉄 井の頭線 

・住所 〒180-0003

 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1 丸井吉祥寺店4F

・電話番号 0120-981-237

 

アイサポ丸井吉祥寺店Twitterも毎日更新中!!

 

iPadの修理について

・ガラスが割れている
・衝撃などで液晶が表示がおかしくなった/映らなくなった