こんにちは!
 
本日は、「マイク」に関する修理をご紹介いたします!
ガラス割れやバッテリー交換ほどではないですが、
意外とお問合せの多い故障です!
 
まず、iPhoneにはマイクがいくつ付いているでしょうか?!
私は、iPhone修理スタッフになるまで実はよく分かっていませんでした^^;
 
iPhoneを使っていてマイクが必要となる機能は、まず「通話」ですね。
通常の通話とスピーカーに切り替えての通話では、
音が出る場所が違うのはみなさんご存知だと思いますが、
実は!マイクも切り替わっているのです!
 
iPhoneを顔に近づけてする通常の通話の時は
本体下部にある下マイクを使用しています。
 
しっかりと口元に近い位置で音を拾っています。
 
しかし、スピーカーに切り替えると
マイクは本体の上部にある上マイクに切り替わります。
 
イヤースピーカー付近にある上マイクは、
「Siri」と「インカメラムービー」の際に使用します。
 
そしてもう1つ、「アウトカメラムービー」の際に使用するのが
背面マイクです。
 
機能によって3つのマイクが使い分けられているので、
症状によって修理をするパーツも変わってきます!
 
それぞれのマイクが正常かどうかは、
「Siri」や「音声コントロール」、「ボイスメモ」「ムービー」
などで確認することができます。
 
今回ご紹介する修理は、
「スピーカーで通話する時に、相手に声が届かない」
というお問合せでした。
 
通常の通話の時はしっかり声は届いているそうです。
 
ということは、、
故障しているのは「上マイク」のようですね。
 
「Siri」で上マイクの確認が出来るので、
立ち上げてみると、、
 

 
波形が全く動いていないですね。
 
「Siri」から「音声コントロール」に変えてみると、、
 

 
波形がしっかり動いています。
「音声コントロール」は下マイクを使用していますので、
通常の通話が問題ない様であればこちらの波形もしっかり動きます。
 
それでは上マイクの修理にとりかかります。
 
まず、上マイクの付いているインカメラケーブルを確認してみると、
ホコリがたくさん付着してしまっているようでした。
 

 
ホコリが原因でマイク不良になってしまう事や
マイクの位置がずれてしまっている事もあるため、
クリーニングをしてから部品を仮付け状態で確認します。
 
しかし、その状態でも波形は動きませんでしたので、
今回はどうやら部品自体が故障してしまっている様でした。
 
では、新しい部品に交換し、確認!!
 

波形が動いていますね!!
 
その他の動作も問題ないことが確認できました。
 
更にこちらのiPhone、
充電ケーブルの差し込み口にホコリが詰まってしまっていて
ケーブルの認識が悪かったので、
クリーニングサービスをさせて頂きました。
 

 
こんなにホコリが出てきました!!
 
ケーブル差し込み口とイヤホンジャックの部分は
ホコリが詰まりやすい場所なのです。
 
お問い合わせも多い症状ですので、
ケーブルを差し込む際に違和感を感じたら
お早めにご相談ください。
 
更にホコリが詰まると充電が全くできなくなってしまったり、
ショートしてしまう危険性がございます。
 
また、ご自身でクリーニングをされる場合は、
部品を傷付けてしまうと部品交換修理が必要となりますので
クリーニングはぜひプロにお任せ下さい!
 
その他の症状でも、何かお困りのことがございましたら
まず一度当店へご相談下さいませ(^^)
 
 
Twitter、Instagramのチェック・フォローもお願いします♪
 
Twitter:@shibuya_aisapo
Instagram:@aisapo.mineo.shibuya
 
 
【アイサポ mineo渋谷店 ご案内】
●JR 渋谷駅ハチ公口から徒歩1分
●東京メトロ銀座線、半蔵門線、副都心線の3出入口から徒歩10秒
●東急田園都市線3出入口から徒歩1分
 
〒150-0042   東京都渋谷区宇田川町21-9渋谷平和クワトロビル1F
 
アイサポmineo渋谷店