こんちには、仙台駅前イービーンズ店 三浦です!(/・ω・)/
 
8月後半から、暑い日はずいぶん減ってきました。その気温差の影響か、ちょっと風邪をひいてしまいました…(-_-;) 
まだまだ湿度の高いなか、マスクをするのはちょっと苦しいですね。
みなさんも気温の変化にはじゅうぶんご注意ください!
 
 
さて、お客様にお持ち頂いたiPhoneの修理作業を紹介するこのブログ、今回はiPhone6Sの水没修理です。
 
飲み物をこぼしてしまい、画面が真っ暗になって使えなくなってしまったそうです。
ちなみにこぼしてしまったのは、来店から2、3か月前。水没の度合いにもよりますが、直せるだろうか…と一抹の不安がよぎります(; ・`д・´)
 

 
水没や、水がかかってしまって起動できなくなった場合は、むやみに電源を入れて通電させることはさけます。
時間もたっているので、内部に水が残っている可能性はかなり低いですが、念のた起動確認はあとまわし。
さっそく中を開けてみます。
 

 
赤い小さなシールがありますが、これが水没反応を示すシールです。
普段は白い色なのですが、水が入ると赤く色が変わります。
やはり水が入り込んだのは間違いなさそうです・・・よーく見ると、リアカメラカバーの上に、水が乾いた跡がありますね。
水没修理で一番重要なのは、基盤の裏まで水が入ってしまっているかどうかです。
ということで、基盤の取り外し作業にかかります。果たして状況は…
 

 
よかった、ピッカピカです!(*’▽’) 水が乾いたあともありません。となると、水のほとんどは液晶側に入り込んで、結果画面が写らなくなってしまった可能性があります。
基盤を戻して、液晶交換作業に移行します。
 

 
今回は、修理中の写真を撮ってみました。先ほど外した基盤を、元に戻しているところです。
傷をつけてはいけない箇所も多いので、ネジ止めもしっかり見定めてから回します(‘◇’)ゞ
 
起動できなくなってからは、充電もしていないということだったので、ケーブルをつなげながら起動確認です。さてさて…
 

 
無事起動できました!各機能の問題もなく、データも無事のまま、お客様にお渡しとなりました。
 
今回は水没反応こそあったものの、軽度の症状で済んだようです。
水没したり、水がかかっても問題なく使える場合もありますが、iPhoneはとてもデリケートな精密機器。
徐々に、あるいは突然不具合が出てくることもあるので、バックアップも忘れずに、大事に使ってあげてください(*^^*)
 
【公共交通機関をご利用の場合】
●JR仙台駅西口 徒歩1分
●地下鉄仙台駅 南2出口すぐ
〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央4丁目1−1
仙台駅前イービーンズ2階
[TEL] 0120-989-483
iPhone修理 アイサポ仙台駅前イービーンズ店