こんにちは

iPhone修理アイサポ小山店の遠藤です!

今年に入ってから初の更新です。

今年も当店をよろしくお願いします(o・ω-人)

 

皆さんは風邪をひいたりしていませんか?

私は最近、体調を崩して風邪をひいてしまいました(lil-Д-)

まだまだインフルエンザ等のウイルス性の風邪が流行っているようですから、できる限りの対策はしておきましょう!

 

 

 

今回ご紹介するのは、年末に話題になったiPhone6のバッテリーの修理です。

 

Apple社の発表ではiPhone6以降のシリーズ(6/6plus、6S/6Splus、SE、7/7plus、8/8plus、X)は「2018年12月31日」までは保証対象外でもバッテリー交換を3,200円で希望者に1台につき一度ですが交換してもらえます。

しかし、対象は10機種のみ、純正品バッテリーを使用している事が条件です。

さらに、その修理対応は予約必須でAppleStore、Apple社が公認し修理サービスを提供しているカメラのキタムラ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、クイックガレージ等に持ち込むかAppleのホームページから郵便で送って修理してもらうかになります。

 

対応してくれるお店はというと……

AppleStoreは銀座、表参道、心斎橋、仙台、名古屋の6店舗。渋谷は現在休業中です。

Apple公認の修理を行っている家電量販店は全国展開していますが、必ずしも近隣にある店舗でサービスが受けられる訳ではありません。

私たちのお店から近い店舗もありますが、電車で約30分ほどかかる場所にあります。

もし、期間内に予約を取って行けるかお悩みでしたら、一度カウンターにてご相談やお見積だけでもお伺い致します!

また、当店では5シリーズ(5、5S、5C)のバッテリー交換も受け付けておりますので、こちらもお気軽にお問い合わせください(^^♪

 

それでは、修理の様子を紹介していきましょう!

まずは以前にご紹介したパネルを交換する時と同じようにパネルを外していきます。

そして、バッテリーのコネクタのカバーを取り、バッテリー本体と繋がっているコネクタを外します。

ここはヘラでは取り出しにくいので、バッテリーと基盤の隙間に爪楊枝を差し込んで、きっかけを作って外します。

バッテリーのコネクタを外したら本体と繋がっている部分を壊さないように少し上に持ち上げて、交換するバッテリーを一度試しに付けてみます。

この段階でバッテリーが取り付けりiPhoneを起動させることが出来るかを確認しています。

バッテリーを重ねた状態でパネルをコネクタ部分を取り付けてチェックするのですが、コネクタが外れてしまうと確認出来ませんし、バッテリーを傷つけてしまうと発火してしまう恐れがあるので注意が必要です……!

使用に問題ないことが確認できたら、もう一度パネルと確認のために取り付けた交換するバッテリーを取り外し、本体に固定されているバッテリーを取り出します。こちらの作業は確認よりもとても緊張する作業です!

作業の妨げになりやすいバイブレーターを外してバッテリーの下に見えているシールを剥がしていきます。

そして、剥がした部分を持ってバッテリーを固定しているシールを剥がして外すのですが、このシールは粘着力が強く、よく伸びます。しかし、伸ばし過ぎたり、角度が悪いと直ぐに切れてしまいバッテリー本体の下に潜り込んでしまうことも……((-ω-;)))

そうすると、バッテリーを傷つけないように起こしてシールを端っこを何とか引っ張り出して剥がす必要があります。

先程も書いたように、バッテリーは傷つけてしまうとバッテリーから火が出てしまう恐れがあるのでなるべく刺激することは避けたいので、慎重にしなくてはいけません。

無事に取り出せました!よかった..(´>ω<`)

ここに新しく交換するバッテリーを取り付けて、パネルを戻せば作業はあと少しです。

新しいバッテリーに固定するシールを貼り付け、コネクタの場所がズレたりしないようにバッテリー本体の位置を気にしつつ取り付けます。

今度は完全に閉じ、作業後の確認とバッテリーの充電が出来ているか、少し放置して減りが早くないか等を確認して問題がなければ作業は完了です(^O^)

 

 

当店は小山駅からスグ!

ロブレビル2F TSUTAYA小山ロブレ店内にございます。

受付がわからない時はお近くのスタッフにお問い合わせください。

皆様のご来店お待ちしております♪

iPhone修理アイサポ小山店