いくらかかる?

iPhoneの修理代金

 

下記の価格は機種により異なりますので、詳しくは当店のホームページをご覧ください。

 

フロントパネル交換修理 3,980円 ~
液晶交換修理 5,980円 ~
バッテリー交換 4,980円~
ホームボタン交換修理 4,980円~
ライトニングコネクタ(ドックコネクタ)交換修理 4,980円 ~
スリープ(電源)ボタン交換修理 5,980円~
イヤースピーカー交換修理 4,980円 ~
イン/リアカメラ 4,980円~
音量ボタン交換修理 5,980円 ~
バイブレータ交換修理 4,980円~
その他修理 4,980円 ~

 

※2018年7月時点の価格です。

機種別の詳細金額は当店HPをご覧ください。

 

なぜ割れる?

ガラス割れの原因は??

 

iPhoneの修理で1番多いのがガラス割れです、ほとんどの方がガラス割れやガラス割れが原因の液晶不良やタッチ不良でご来店されます。

そもそもなぜiPhoneのガラスは割れてしまうのでしょうか?

iPhoneは薄さや見た目にこだわっており、ガラスと液晶が一体型になっています。
その為ガラスが薄く、落とすと割れやすくなっています。

本体が金属性なので、衝撃を吸収できない点も割れやすい原因かもしれませんね。

6以降から本体の形が変わり、丸みをおびたのも割れやすくなった原因の1つです。
5SやSEのように角ばっていれば落とした時に直接ガラスに当たりずらいと思いますが、丸みをおびている場合直接ガラスに当たりやすく割れやすくなります。

割れの原因は落下が殆どですので落とさないように注意が必要ですね。

 

修理は必要?

ガラス割れをそのまま使うリスクとは?

 

iPhoneはガラスが割れてしまってもそのまま使えることが多く、割れたままで使い続けている方も良く見ます。使えなくはないのですが、出来れば早めに修理することをおススメします。

ガラス割れのまま使うと周りから、ガラスが割れても修理せずに使うだらしない人と思われてしまう可能性があります。そう思われてしまうと女性だけでなく男性も困りますよね、モテポイントダウンです、、、営業職の方は特に気を付けたほうが良いかもしれません。

見た目の問題だけではなく、けがをする恐れもあります。iPhoneのガラスは細かく割れる場合が多くそのまま操作するとスライドやフリック時にガラスが刺さる恐れがあります。
細かいガラスだと取れないこともありそうなので怖いですね、、、

勝手にタッチされるようになることもあり(ゴーストタッチといわれてます)知らない間にパスコードを間違われロックがかかり、初期化が必要になることもあるのでそうなってしまったら本当に最悪ですね。日頃からバックアップとアプリの引継ぎは行っておくようにしましょう!

 

割らない為には?

ガラスを割らない為の予防方法

 

ガラス割れを出来るだけ防ぐための予防方法はやはり、ケースとガラスフィルムのセットがおススメです!

スマホリングもあると、なお良いですね!

中野店店長のおすすめは、TPUという素材でできたケースで、上下も覆っていて、ケースが画面より表に出ているタイプです。プラスでガラスもあると強度がさらに増します。

TPUとは?
熱可塑性(ねつかそせい)ポリウレタンというプラスチック素材の一種です。
英語ではThermoplastic Polyurethaneと表記をし頭文字をとってTPUと略してます。
TPUは俗にいうハードケース(プラスティックやポリカーボネート)とシリコン(やわらかいケース)の間に位置し、両方の良いとこどりな感じがします。

中野店でもこちらのTPU素材のケースを販売しており、ガラスフィルム、スマホリングも販売しております。
ご購入いただきますと無料にて貼り付けを行っておりますので是非ご来店ください。ケースとセットアップも致します!

 

 

 

 

 

 

修理解説

ガラス割れの修理をご紹介

 

では実際に修理をしていきます!

今回は東中野からガラス割れ修理でご来店のお客様です。

東中野にはギンザ通り商店街があり、学校もあるため休日は学生で商店街が盛り上がっているようです。飲食店も沢山あるので夜は仕事帰りのサラリーマンの方々で盛り上がってそうですね!飲みに行ってみたいです。

話がそれましたがまずはガラス割れの写真を見ていただきましょう!こちらです↓

 

 

はい!バキっと割れてしまってますね、良くあるガラス割れの例です。

さて、まずは電源を切りフロントパネルを開けていきます。

機種により開け方が違いますので機種をしっかり確認して開けます。

今回の機種はiPhone7なので、横開きです。開けるのにちょっとしたコツがいるんですよね。

開ける時は特殊な下ネジ(星形)を外して開けていきますが、6S以降防塵テープが付いていますので簡単には開きません。

ゆっくり防塵テープを剥がしながら開けていきます、横開きが結構厄介なんです。開ける角度や方向、力加減を間違えると繋がっているケーブルが切れてしまいます。切れてしまうとパーツを交換しなればいけなくなってしまう為注意が必要です。

パカっと開けた写真がこちら↓

 

 

こんな感じで横に開きます、iPhone7の内部はこんな風になっているんですよ!なかなか見れないですよねー。縁に見える黒いテープと白いテープが防塵テープになります。

iPhoneは見ての通り大部分をリチウムイオンバッテリーで占めています。こんなに小さいバッテリーでiPhoneを何時間も動かすのでたいしたものです!

ではここから本体側とパネル側を切り離します。切り離すには特殊なドライバーで蓋を外しコネクタを外します。

パネルと本体がバラバラになりますので本体はそのまま置いておき、パネルを交換していきます。

パネルに付いている元の純正パーツはそのまま使いますので移植するためにバラバラにします。

バラし終えた写真がこちらです↓

 

 

左側に見える本体の縁に貼ってあるのが防塵シートです。新しい防塵シートを張り付けてお渡ししております。

上にある細かいパーツが純正パーツで左からインカメラ、環境光センサー、近接センサー、真ん中にあるのがレシーバー、右側にあるのがホームボタンです。

沢山転がっている小さなネジは全て場所が決まっているので間違えないようにわかりやすく配置をしています。無くさないように大事に大事に扱っていますよ。

全てばらし終わったので上のパーツを全てもとに戻していきます、元の位置に戻すだけのように見えますが位置合わせなどが意外と難しんですよ、戻し終わるとこんな感じです↓

 

 

戻し終わったら、本体にはめ込んでいきます。はめ込み後動作確認をするのですがこの瞬間緊張します(笑)何かおかしなところがあれば再度外して組み直さないといけないからです。

パネルを戻し動作確認を終えたiPhoneがこちら↓

 

 

ピッカピカになりました!

このiPhoneを渡す瞬間お客様に喜んでいただけるので嬉しくなります。

せっかく綺麗になったので、という事でガラスフィルムを貼るお客様が多いです、当店でお買い上げいただいたガラスフィルムは貼り付け無料ですので、修理した際はご購入がおススメです。

以上でガラス割れ修理のご紹介は終わりです、どうでしたか?簡単に説明してるので良くわからないかと思いますが、、、

ガラス割れだけでなくiPhoneの不具合や相談、格安SIMの相談などiPhoneのサポートならアイサポへお任せください。

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました!皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

iPhone修理アイサポ中野店の店舗情報

iPhone修理 アイサポ 中野店アクセスは以下となります。

【アイサポ中野店 最寄駅のご案内】
●各線 中野駅【北口】から徒歩2分
・中央線
・総武線
・東西線

〒164-0001
東京都中野区中野4-3-1 中野サンクォーレ1F ブックファースト店内

営業時間:10時~20時
スマホ修理・格安SIM相談所

ドン・キホーテ中野店様の向い側となります!
皆様のご来店、心よりお待ちしております^^

 

東中野周辺で即日対応!iPhoneガラス割れ修理 アイサポ中野店