こんにちは、あいさぽ町田店です。

 

11月もそろそろ終わりになりますね。今年もあと1ヶ月になってしまいました。

 

なにかと話題の年越しの風物詩「紅白歌合戦」

出場歌手が決まりましたね。毎年 誰が出て、誰が出れなかったと話題になっていますね。

今年は目玉不在を言われていますが皆さんはどう感じてますか?

 

子供の頃は紅白を見てから初詣に行っていた記憶があります。

紅白を楽しみにしていたのではなくて、「紅白が終わったら〇〇集合!」と紅白が時計代わりになっていたと思います。

ともあれ、年の締めくくりに欠かせないですけどね。

 

今回のタイトルは『iPhone修理あいさぽではこんな工具を使用しています その②』になります。

その①でパネルの取り外しに使用する工具の説明をしました。(気になる方はひとつ前のブログを見て下さいね。)

メインで使用する工具は紹介しましたが、それ以外でも使用する工具を紹介していきます。

その工具でなければ外せない専用のものもあります。

 

あいさぽの工具

≪ブロアー≫

空気の力で細かいゴミを飛ばすものです。カメラが趣味の人にはおなじみでしょうか。

コネクターの接続前や最後にフロントパネルを閉じる前に埃を飛ばすのに使用しています。

画面割れや破損があると埃が本体内に入っていることが多いです。基板故障の原因につながるので掃除をしています。

密閉されていそうなiPhoneですが、防塵がきちんと施されているのは6S以降のもになります。

なので6以前のものは割れや破損がなくても埃が入っていることもあります。使い方によりますね。(>_<)

 

ブロアーがけっこう気に入ってしまって修理以外でもシュポシュポしてます。

 

≪ピッカー≫

先がちょっと曲がった細い針金のような棒になります。

使用が限定されるのであまり使っていませんがないと困ります。

バッテリーシールを外すときに重宝しています。

iPhoneのバッテリーは特殊な両面テープによって本体側に貼りついています。

そのバッテリーシール(両面テープ)を引っ張ることによってバッテリーと本体の接着が取れるのです。

ただ、やり方が悪いときやバッテリーシールの経年劣化によって切れてしまいます。

もしも切れしまったときには、このピッカーを使って切れたバッテリーシールを引っ張り出しています。

 

≪ピンセット大小≫

細かい作業をするときには必需品ですよね。いろいろな場面で使用することがあります。

細かい部品を取ったり、置いたりするときに使ってます。

私のピンセットは先端をやすりで削って針のように尖らせています。

iPhoneの部品やネジはとても小さいのでつまめるようにする工夫です。

 

特殊な工具(機種別の専用工具)

≪特殊ドライバーY字≫

iPhone7に使う特殊ドライバーになります。先端がYの字型になっています。

iPhone7、iPhone7Pでは一部のネジが頭がY型に穴があいているネジを使用しているので、このドライバーでないとはずすことができません。

いたずら防止のために使用されているネジになります。

間違ってプラス型のドライバーを使用してしまうとネジをなめてしまうので注意が必要です。

iPhoneでは星ネジ、Yネジなどの特殊なネジを使用しています。

 

≪特殊ドライバー十字≫

プラスドライバーとは形の違う十字型のドライバーです。

用途は水没等の修理のときに基板をはずすのに使用します。5系、6のときに使います。

普通のプラスネジとは形状の違うネジを外せます。

この工具もiPhone修理をしてから知ったものになります。

 

≪ナットドライバー≫

iPhone6sの基板をはずすときに使用します。

分かりずらいと思いますが6角形の穴があいてます。小さなナットを外す工具です。

1辺が1ミリの小さなナットです。

水没等の修理で基板をはずすときに使っているのであまり出番はありません。

 

≪マイナスドライバー≫

先端を削って市販のものより薄くなっています。

ドライバーなのですが、ネジを外すことはありません。

主に本体に両面テープで貼りついている配線をとるときに使用しています。

 

その他で綿棒や爪楊枝、歯ブラシ、デザインナイフなども使用しています。

≪綿棒≫

ブロアーで吹ききれない埃をとるのに使っています。

充電コネクターを差し込むところをドックと言いますがそこの清掃にも使用しています。

 

≪爪楊枝≫

バッテリーの配線を外す時に使用しています。配線を傷つけずに外すことができます。

また、充電コネクターのドックの埃取りにも使用しています。

【ちょっと豆知識】

充電のコネクターが奥まで差し込みができないときは、ドックに埃が詰まっている可能性があります。掃除してみて下さい。

また、充電ができないときなどに確認することをおすすめします。

※掃除をする際は内部の部品を破損させないように十分に気を付けて下さい。

 

≪歯ブラシ≫

こちらも清掃するときに使っています。本体側のフロントパネルが収まるところはゴミが溜っていることがあります。

そこを爪楊枝と併用して掃除することがあります。

 

≪デザインナイフ≫

デザインナイフとはペーパークラフトのカットや、プラモデルの模型工作に使用されています。

刃先が鋭角になっていて、細かい作業に向いています。持ち方はペンを持つように持ちます。

フロントパネルを交換するときは、もともと付いていたホームボタン、インカメラなどのパーツはそのまま移植します。

そのパーツは両面テープで貼り付いていて、移植するときに剥がします。

そのときに両面テープが弱くなっているものは新しい両面テープで補強します。

そこで登場するのがデザインナイフになります。丁度良い大きさに両面テープをカットして使用しています。

両面テープはとても細く(小さく)するので、このナイフがとても役に立っています。

 

そう言えば、以前のブログで紹介したお掃除グッツもありましたね。

タイトルは『修理だけじゃない!クリーニングもしっかり実施しています!!』になりますのでご覧いただければと思います。

クリーニングも精一杯やっています。

 

修理をするのには色々な工具を使用して、部品ごとに工具を使い分けています。

iPhoneはとても小さなネジや部品を使って組み立てられています。ネジ一つに至るまで手を抜かずに分解組立をしています。

万全の態勢を整えて、お客様の大切なiPhoneを修理しています。

工具もしっかり整備して、お客様から安心して任せられることを心掛けています。

あと技術向上のために練習もよくやっています。

道具が一流でも使う人間が一流じゃないと話しになりませんよね。

これでほとんどの工具を紹介することできました。

2回にわたってあいさぽの工具を紹介してまいりました。

道具の紹介は今回で終了になりますので、次回はまた別のものでも投稿します。

 

あいさぽ町田店では、落してしまっての画面割れや画面真っ暗などの液晶交換、電池の減りが早い、充電できないなどのバッテリー交換、水没や起動できないなど様々な症状が修理できます。

特に冬場になってくると、突然バッテリーの調子が悪くなることが多くなってきます。

当店でもバッテリーの在庫を増やしていますので、不慮のときにはご活用いただければと思います。

データを残したままの修理が可能なので気軽にご相談下さい。 <(_ _)>

 

iPhone修理あいさぽ町田店店舗情報

【営業時間】10:00~21:00 (金、土は22:00迄) 年中無休!

【住所】〒194-0013 東京都町田市原町田4-2-15丸昭エイトビル6F

【町田店直通フリーダイヤル】0120-917-298

WEB予約・電話予約・予約なしでも持ち込みOK!

JR町田駅より徒歩2分、小田急町田駅より徒歩4分

HP:iPhone修理あいさぽ町田店

WEB予約:iPhone画面修理町田