• iPhone6の液晶不良!あきらめないで下さい。

    こんにちは、アイサポ丸井吉祥寺店です。

     

    早いものでアイサポ丸井吉祥寺店はオープンして1カ月が経過しました。 (^^)v

    これまで、たくさんのiPhoneを修理させて頂きました。

    近隣の杉並区、三鷹市、地元の武蔵野市にお住まいの方がお越しくださいました。

    ご来店頂きましたお客様へ感謝申し上げます。 <(_ _)>

     

    アイサポ丸井吉祥寺店はこれからも丁寧な修理・接客を心掛けて参りますので、

    iPhoneでお困りな方は是非ご来店ください。

     

    今回のブログは私が修理をさせて頂いた中で特に印象に残っている修理について

    書かせて頂きます。修理の内容はiPhone6の液晶不良の修理です。

    上記の画像がご来店頂いた時のiPhone6の状態です。

    電源は入りますが、液晶に薄く白い線が入っていてタッチ操作がほとんど効かない状態でした。

    iPhoneをうっかり落としてしまいこのような状態になってしまったとの事でした。 (T_T)

     

    お客様はキャリアに相談されたとの事でしたが、残念ながら機種変更するしか無いと

    言われた為、駄目元で当店へご来店頂いたとの事でした。

     

    このiPhone6にはとても大事なデータや思い出の画像がたくさん入っており、

    何とか復活させてほしいとお客様にご要望を頂きました。

    バックアップもこれまで1度も取っていないとの事でいつも以上にプレッシャーが

    かかる修理になりました。

     

    お預かりする前に本体の外装を確認すると本体とフロントパネルを固定するネジが1本付いていない事に気づきました。※赤丸で囲っている部分

    恐らく落とした時にネジが外れてしまったと思われます。

    このネジは特殊なネジでネジ穴が通常の+・-ではなく星形になっています。

    ネジが付いていない状態だとパネルが浮いてしまう事があり、

    浮いた個所から埃やゴミが入ったりして様々な不具合が起きてしまう可能性があります。

     

    アイサポ丸井吉祥寺店では特殊ネジの販売も実施しており、お客様と相談した結果

    ご購入頂く事になりました。※ネジ1本500円(税別)

     

    下の画像は先ほどの特殊ネジを外して本体からフロントパネルを取り外した状態です。

    赤丸で囲っている部分が本体とフロントパネルを接続しているコネクタ部で金属のプレートで

    カバーされています。

    金属のプレートを外しコネクタ部も取り外すと完全にフロントパネルが取り外せます。

    新しいフロントパネルに元々付いていたインカメラ・ホームボタン等を移植して本体に

    フロントパネルを取り付けて修理完了となります。

     

    修理が完了して電源を立ち上げてみると…

    怪しげなメッセージが出ています。 (@_@;)

    このメッセージはパスコードを連続で誤った入力をすると出てくるメッセージです。

    iPhoneはパスコードを無制限に入力する事が出来ず、連続して10回以上誤入力してしまうと

    iTunesに接続して初期化しなければならない状態になります。

    バックアップを定期的に取っていれば、初期化をした後にデータを戻す事ができますが、

    バックアップを取っていないとデータは消去されてしまいます。

     

    iPhoneパスコード誤入力について

    1~5回迄は誤入力してもすぐに再入力が出来ます。

    6回連続誤入力で『iPhoneは使用できません 1分後にやり直してください』

    7回連続誤入力で『iPhoneは使用できません 5分後にやり直してください』

    8回連続誤入力で『iPhoneは使用できません 15分後にやり直してください』

    9回連続誤入力で『iPhoneは使用できません 60分後にやり直してください』

    10回連続誤入力で『iPhoneは使用できません 60分後にやり直してください』

    11回連続誤入力でiTunesに接続して初期化しないと復旧が出来なくなります。

     

    修理させて頂いたiPhoneは誤入力が9回か10回目だったようでギリギリセーフの状態でした。

    お引渡しの際に正しいパスコードを入力して頂き、見事にデータは失われずに済みました。

    お客様に事情を説明するととてもお喜び頂き感謝のお言葉を頂きました。 ヽ(^o^)丿

     

    iPhoneは落としてしまったり、強い圧迫を加えてしまうと液晶に不具合が出て

    画面が真っ暗になってしまったり、タッチ操作が出来なくなったり、勝手に誤作動したりして

    正常に使用が出来なくなる事があります。

    特にゴーストタッチと呼ばれている誤作動が起きてしまうとパスコードを勝手に入力してしまい

    気が付けばiTunesに接続して初期化しないと使用できない状態になってしまう事があります。

    タッチパネルのトラブルと対処法

     

    今回ご来店頂いたお客様のように大事なiPhoneが壊れてしまってお困りな方は

    あきらめずに是非アイサポ丸井吉祥寺店へお越し下さい。 <(_ _)>

     

    iPhone修理アイサポ丸井吉祥寺店

    【営業時間】10:30~20:00(最終受付19:30)

    【住所】〒180-8552 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1 丸井吉祥寺店4F

    【電話】0120-981-237

    HP:iPhone修理アイサポ(あいさぽ)吉祥寺店

     

     

     
  • バッテリーの減りが早いと感じたら是非ご来店ください!

    こんにちは、アイサポ丸井吉祥寺店です。

    あっという間にゴールデンウィークも終わってしまいましたね。

     

    皆様は楽しいゴールデンウィークをお過ごしになられましたでしょうか?

    私はアイサポ丸井吉祥寺店のオープン準備の為、少ししかお休みが取れませんでした。

    来年はお休みが取れれば、旅行にでも行きたいと思っています。

     

    さて、今回のブログはiPhoneのバッテリー交換の修理についてご紹介したいと思います。

    バッテリー交換の修理はフロントパネルの交換に次いでご依頼の多い修理です。

     

    iPhoneのバッテリーの寿命は3年と言われています。

    しかし、全てのバッテリーの寿命が3年という事ではなく、ご使用状況によって変動する様なので、

    目安として参考にして頂ければと思います。

    iPhoneのバッテリー寿命事情!寿命の目安と長持ちさせる方法

     

    修理のご依頼の多い機種はiPhone6と6Sです。どちらもまだまだ人気の機種ですね。

    iPhone6・6Sの発売時期

    iPhone6:2014年9月19日

    iPhone6S:2015年9月21日

    という事はiPhone6は発売されて約4年、iPhone6Sが約3年経過している様ですね。

    ご購入されて1回もバッテリーの交換をされていない方はもしかしたら交換のタイミングなのかも知れませんね。

     

    バッテリーが劣化してくると様々な症状が出て来ますのでいくつかご紹介したいと思います。

    バッテリー劣化による症状

    ・充電がされない

    ・減りが早くすぐに電池切れになってしまう

    ・膨張による液晶破損

    ・システム破損※リンゴループ等

    ・発熱による起動不良

    バッテリーの劣化により上記の症状が発生する事があります。

    特にシステム破損や起動不良の場合データのバックアップも取れなくなってしまう可能性がありますので特に注意が必要です。

     

    重度度の不具合が起こる前に早めのバッテリー交換をおすすめ致します。

    バッテリー交換をするならアイサポ丸井吉祥寺店へお越しください

     

    ここからは実際のバッテリー交換の工程をご紹介します。

    下記の画像はバッテリーの減りが早いという事でアイサポ丸井吉祥寺店に修理のご依頼を頂いたお客様のiPhone6Sです。

    iPhoneの隣にあるのが今回使用するバッテリーです。

    iPhoneに使用されているバッテリーはリチウム電池でその特性は他の電池と比べて

    エネルギー密度が高い為、小型で軽量なバッテリーを作成する事が出来ます。

     

    下記の画像はフロントパネルを展開した物です。

    内部はこんな感じで小型とはいえ、大半はバッテリーがスペースを取っています。

    バッテリーを取り外す時は赤丸で囲っていますコネクタカバーを取り外します。

    バッテリーと本体をつなぐコネクタを外したら、バッテリーを固定している

    特殊なシールを外します。

    赤丸で囲っている部分がシールの先端で丁寧に引っ張り出して剥がします。

    右側にあるのが、バッテリーを固定するシールです。

    バッテリーシールを外しましたらバッテリーを本体から取り外して新しいバッテリーに

    シールを付けて本体に取り付けてコネクタを繋げば作業終了です。

     

    バッテリーの減りが早くなると、大事な時に充電切れになってiPhoneが使えないと言った事が無い様に今回のお客様の様に減りが早いと感じたら早めの修理をおすすめ致します。

     

    お手持ちのバッテリーが劣化しているのか?交換した方が良いのか?

    迷われている方はiPhoneの機能でバッテリーの劣化を確認してみてはいかがでしょうか?

     

    iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法

    ①iPhoneのiosを確認する。

    ※この機能が使用できる機種はiPhone6以降でiOSが11.3以降に限ります。

    ②「設定」のアプリを開く。

    ③設定の項目から「バッテリー」を開く

    ④「バッテリーの状態(ベータ)」を開く

    ⑤最大容量とピークパフォーマンスの表示を確認する

    最大容量のパーセントやピークパフォーマンスの表示によって劣化具合が確認出来ます。

    ※通常のバッテリーは通常の条件で使用された場合、フル充電を500回繰り返した後も

    本来の蓄電容量の最大80%を維持する様に設計されています。

    詳しい情報をタップするとバッテリーについての情報やピークパフォーマンス性能の

    表示について記載されていますので参考にして頂ければ幸いです。

     

    バッテリー交換やその他、iPhoneでお困りな方はお気軽にご来店ください。

     

    iPhone修理アイサポ丸井吉祥寺店

    【営業時間】10:30~20:00(最終受付19:30)

    【住所】〒180-8552 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1 丸井吉祥寺店4F

    【電話】0120-981-237

    HP:iPhone修理アイサポ(あいさぽ)吉祥寺店

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     
  • 『iPhone7画面割れ!大事になる前に修理をお勧め致します』

    こんにちはアイサポ丸井吉祥寺店です。

    5月7日にアイサポが丸井吉祥寺店の4Fにオープン致しました。

     

    オープン日にはたくさんのお客様にご来店頂き、様々なiPhoneの修理をさせて頂きました。

    ご来店頂きました、お客様に感謝申し上げます。

     

    アイサポ丸井吉祥寺店はお客様の大切なiPhoneを丁寧に修理させて頂きます。

    iPhoneでお困りな事がございましたら、お気軽にご来店下さい。

     

    さて、今回はオープン日に修理をさせて頂きました、iPhone7のガラス割れについて

    ご紹介したいと思います。

     

    iPhone7は2016年の9月16日に発売された機種になります。

    昨年まではガラス割れの修理と言えば、iPhone6・6Sのご依頼が多かったのですが、

    今年に入りiPhone7のガラス割れの修理のご依頼が増えてきており、6・6Sに変わって

    修理のメイン機種となってきております。

     

    iPhoen7の特徴

    ・iPhone初の防水仕様

    ・イヤフォンジャックの廃止

    ・ホームボタンの構造の変更

    上記以外にもカメラ機能の大幅なアップ等、多くの仕様変更があり従来の機種とは一線を画す人気機種となっています。

     

    そんな人気機種だからこそ、故障しても永くご使用されたいと言う方が多くいらっしゃるのだと思います。

     

    下記の画像がご来店時のiPhone7の状態です。

    フロントパネル右上部が割れていてヒビが入っています。

    画面にヒビが入っていますが、液晶漏れやタッチ不良の症状は出ていませんでした。

    損傷状態は幸いにも軽度でしたので修理金額は¥7,480(税別)で承りました。

    ※損傷状態が重度で液晶漏れ・タッチ不良等があった場合の修理金額は\9,480(税別)になります。

    上記金額は5/7時点の価格です。

     

     

    iPhone7フロントパネル交換修理

    まずはフロントパネルを外します。

    iPhone7はフロントパネルを取り外す際は横にパネルを開く仕組みとなっています。

    iPhone5系、6・6Sは縦に開く仕組みになっているので間違えない様に注意が必要です。

     

    赤丸で囲っている部分に本体とパネルを繋ぐコネクタがありますので銀色のカバーを

    取り外しコネクタを外します。

    コネクタを外すと完全に本体とパネルが分離されます。

    パネル側の赤丸上部にはインカメラ・近接センサ等が付いています。

    赤丸下部にはホームボタンが付いています。

    パネルに付いているカメラ等の部品は新しいパネルに移植する必要がありますので、パネルから部品を取り外します。

    移植する部品を全て取り外すとこんな感じになります。

    各部品はとても小さなネジで付いていて、ネジの長さ・太さが決まっている為、間違えない様に注意が必要です。

    各部品を新しいパネルに取り付けます。

    左側が元のパネルで右側が新しいパネルに部品を取り付けたものになります。

    新しいパネルを本体に取り付ける前に防塵パッキンを本体に貼り付けます。

    右側の青いシールの外周に黒いシールが付いており、このシールを本体の外周に貼る事で

    防塵・防水の役割を果たします。

    ※完全防塵・防水ではありませんので、埃の多い場所や水回りでiPhoneをご使用される際はご注意下さい。

    修理前と修理後のフロントパネルの画像です。

    一目瞭然、画面がピカピカになりました。

    新しく生まれ変わったiPhoneがカメラやホームボタン等がしっかりと動作をするか

    確認をして問題が無い事を確認して修理は完了となります。

     

    修理が完了した後は、表面についた指紋等を除菌スプレーでしっかりとふき取ります。

    最後に私が一押しする『ドクター・カプセル』でしっかりと除菌をします。

    iPhoneは目には見えない、雑菌が繁殖しやすいのでUV-C領域の紫外線を照射して表面を除菌します。

    以上の工程がアイサポで実施しているフロントパネルの交換作業です。

    修理後のiPhoneをお引き渡しをした際にお客様にとても喜んで頂けました。

     

    今回の内容は液晶に不具合の無い、フロントパネルの交換でしたが、タッチ操作が出来るので画面が割れたまま使用しているという方が結構いらっしゃいます。

     

    画面割れのまま使用すると指を怪我したり、割れた部分が広がって内部に支障が出る可能性が

    ありますので、早めの修理をお勧めしています。

    iPhoneが画面割れ… 対処法や予防策まとめ

     

    最後に店舗はオープンしたばかりですが、修理経験が豊富なスタッフが丁寧に修理を致しますので

    iPhoneでお困りな方は是非当店へご来店下さい。

     

    iPhone修理アイサポ丸井吉祥寺店

    【営業時間】10:30~20:00(最終受付19:30)

    【住所】〒180-8552 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1 丸井吉祥寺店4F

    【電話】0120-981-237

    HP:iPhone修理アイサポ(あいさぽ)吉祥寺店

    WEB予約:iPhone画面割れ修理のご予約はiPhone修理アイサポ(あいさぽ)吉祥寺店へ