こんにちは。アイサポ丸井吉祥寺店です。

 

暑い日が少しおさまっていくのかと思いましたが、まだまだ暑い日が続いています。

この暑さは本当にいつまで続くのでしょうか?

 

今年の暑さは本当に異常です。先日埼玉の熊谷では41.1度を記録したとか。

熱中症で搬送された方も数千人もいるとのことです。

熱中症の対策としてはとにかくこまめに水分補給をして、無理をせず休みを取りましょう。

 

さて、こう暑い日が連日続く中、気を付けないといけないことが熱中症以外にも

あるのでここでお伝えしたいと思います。

 

iPhoneやスマートフォンを使用するときに「暑さに気を付けないといけない」

ということはご存知でしょうか?

 

例えば、炎天下で長時間通話やメールアプリ等を使用しているとiPhoneやスマートフォンが

急に発熱する事はありませんか?

 

iPhone、スマートフォンが発熱する理由はさまざまあります。

アプリを大量に開いていたりとか、データが大量に溜まったりして容量不足だったりとかさまざまな理由があります。

 

その辺の詳細はまたあらためてご紹介したいと思いますが、

ここ最近で熱くなる原因の一つが、「夏の猛暑」というのがあります。

 

Apple社のサポートページに「iosデバイス(iPhone、iPad、iPod)は

環境温度が0℃~35の場所でご使用ください」とあります。

 

その中で呼びかけられているのが、動作温度と温度管理を

しっかりしないといけないとのことです。

 

室外の特に海辺など日陰のない所や井の頭公園などの芝生の所等、35度を超える猛暑日の日には

長時間使用を控えるべきだと言われています。

一番危険なのが、熱くなった時の「バッテリー」で

40度を超えた環境だと、フッ酸が発生し、電極の銅のアルミニウムを徐々に溶かしていくそうです。

 

最悪な場合ショートを起こして発火、もしくは爆発に至る可能性があるそうです。

もしも手に持っているときに爆発した場合、指が吹っ飛ぶ威力があるとの事です。

ですから、室外のものすごい暑い中でiPhoneを持った時に異常な発熱を感じた際はまず操作をやめてください。

発熱などで故障した場合は、当店でも修理することはできますが、爆発した場合はさすがに直せません。

 

それどころか、指をケガしたり火傷をするなど体の方にも大変な影響を与えてしまうと思います。

まず持ってられないくらい熱くなると思いますが、その前にいったん使用をやめて冷やすようにしてください。

ただし冷やす際にも注意が必要です。

 

冷蔵庫に入れて冷やすといいのでは?と思うかもしれませんが、内部に結露を発生させてしまう危険性があります。

故障にも繋がりますので他の方法を試しましょう。

もっとも、外で熱くなった場合、冷蔵庫はありませんが。。。

 

冷蔵庫以外の似たようなアイテムで、食品用の保冷材で冷やすものも

やってはいけない行為です。

 

これらのもので冷やしてしまった際に結露が発生してしまうと内部の基板がびしょ濡れになり

水没させたときと同じ状態になるからです。

 

では、もしも熱くなった時にどうすればよいのでしょうか?

風通しのいい暗い場所にiPhoneを置き、熱がなくなるまで放置しておきましょう。

 

充電器を使用し充電されている際は、まずは充電器を外してください。

それから、起動しているアプリを終了させてから電源を落とすこともお忘れなく。

 

その時は、iPhoneを置いておく場所は直射日光の当たらない場所がおすすめです。

 

クーラーのかかっている部屋で熱を冷ましたり、扇風機の風をあててみるなど、

本体の熱を取るのもいいと思います。

 

また最近はスマホグッズで「冷却ファン付きのスタンド」や「スマホ用冷却台」などが販売されてます。それを事前に購入しておくのもいいかもしれません。

 

万が一、「何をやってもすぐに熱をもってしまう」「急激にバッテリーの持ちが悪くなった」など感じるようなことがありましたら、バッテリー交換や修理の必要がある可能性があります。

 

その際はご相談だけでも構いません。当店へご相談ください。

 

当店は丸井の店内にあるため外が暑い日でも涼しい館内でお待ち頂けます。

涼みに来て話を聞くだけでも構いませんよ。

 

この夏は暑い日がまだまだ続く予報です。

熱中症も当然気を付けないといけないことですが、iPhoneやスマートフォンの取り扱いも十分注意をしてくださいね。