こんにちは丸井吉祥寺店です。

 

連日、素晴らしい試合が繰り広げられていた

ロシアワールドカップ観戦で

眠れない夜が続きましたが、その後は猛暑が続き

またまた眠れない夜が続いています。

熱中症にはくれぐれも注意して下さい!

小まめな水分補給をして具合が悪くならないよう、なんとかこの夏を乗り切りましょう!

 

さて今回のテーマですが

「あなたのiPhoneのバッテリーはお元気ですか?」

という事でお話してみたいと思います。

 

iPhoneに使われているバッテリーはリチウムイオン電池と言って

長く使っているといずれ寿命がくるため交換が必要なものなのです。

一番良くあるケースとして、100%充電したのに一日も持たない。

これでは外出先で充電がいつ無くなるかドキドキしちゃう。

というような症状が出ていたらもう交換の合図だと思って間違いないでしょう。

もし、このような症状が出ているにも関わらず使い続けた場合には

最悪、充電ができなくなり、起動不良、はたまたリンゴループを

起こす可能性があります。

そうなる前に早めの交換をオススメしたいですね。

 

さて最近のバッテリー交換の修理で一番多い機種iPhone 6です。

iPhone 6の発売日は2014年の9月ですので

かれこれ4年近く経っています。

バッテリーの寿命は使い方にもよりますが

大よそ2年程度と言われていますので

発売されてから一度も交換してないという方は

約4年経っているのでかなりバッテリーの元気が

なくなっていることが想像されます。

iPhoneの不具合の原因と対処のコラム: バッテリー

 

次にバッテリーの寿命以外の不具合という事でお話をしましょう。

夏の暑い季節に長時間クーラーの効いていないような車の中や

部屋等に放置してしまうとバッテリーは膨張してしまい

時にはパネルさえ持ち上がってしまう事があります。

バッテリーが膨張してしまった。

バッテリーが膨張してパネルが浮いてしまった。

 

このようにバッテリーの膨張によりパネルが浮き上がってしまうと

浮き上がった隙間からチリやホコリが入り、様々なトラブルが発生する原因に

なってしまいます。

 

ここであなたのiPhone のバッテリーをより長持ちさせるポイント

ご紹介したいと思います。

①過充電にならないよう充電を繋ぎっぱなしにしない。

良くやってしまうかと思いますが、寝る前に充電ケーブルを繋ぎっぱなしのまま寝て

朝になって抜くというのはあまり良くないやり方です。

充電が100%になっているにも関わらず続けると過充電となり

バッテリーに負担がかかり元気がなくなってしまいます。

ですので過充電にならないよう、必要な分充電できたら

ケーブルは抜いておきましょう。

②頻繁に充電しない。

iPhoneのバッテリーの充電回数はある程度決まっているそうです。

その回数を超えてしまうと表示では100%されていても

実際は電池は30~40%分の充電しかなく、すぐ電池が無くなってしまいます。

一番良い充電の仕方は20%以下くらいになったら80%程度の充電をすると

いうやり方だと言われています。これをするとバッテリーへの負担が極力

押さえられるので長持ちするそうです。

 

 

 

最初にもお話した通り、iPhoneのバッテリーは消耗品です。

なので交換は不可欠なのです。

 

元気の良い新しいバッテリーは電池の持ちが復活して新品の頃と

同じような快適さを取り戻します。

尚、当店では画面のガラス割れ修理の際、併せてバッテリー交換もすると

1,000円割引きになりますのでお得ですよ!

 

ガラス割れで修理をしたいと思っている方

最近、電池の持ちが悪いなと感じていたらバッテリーも一緒に

交換されてはいかがでしょうか?新しいバッテリーでストレスフリー

にしましょう!!

 

iPhone修理アイサポ丸井吉祥寺店

【営業時間】10:30~20:00(最終受付19:30)

【住所】〒180-8552 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1 丸井吉祥寺店4F

【電話】0120-981-237

HP:iPhone修理 アイサポ(あいさぽ)吉祥寺店