こんにちは。iPhone修理あいさぽ川崎店の佐藤です。

 

早いもので、今年も半年が過ぎようとしていますね。あっという間の6月突入です。

6月といえば春から夏にかけての季節の変わり目にまとまった雨が降るという気象現象が起こりますね。そうです、梅雨です。そんな、まどろっこしい説明しなくてもわかりますよね。すいません。

この季節、佐藤は傘をさすのが億劫だなと毎年おもうのです。というか、梅雨なんて関係なく雨の日は傘をさすのがめんどうだなと感じます。なので、外を出歩くときは極力雨に濡れないルートを頭の中で組み立ててから外へ出ます。さらに、傘を持ち歩くのがとても嫌なので台風でもなければ折りたたみ傘をもって出かけます。必要ない時にはカバンの中にしまえて便利ですよね。

 

あいさぽ川崎店は、JR川崎駅から傘をささずに来店することができます。なぜかというと、川崎駅前には「アゼリア」という地下街が広がっているからです。なので、その地下街を通り抜けてあいさぽ川崎店が出店している「DICE」という商業ビルへ到達することができるのです。

ちなみに、京急川崎駅からは改札を出てから横断歩道を渡るだけなので雨には濡れるかもしれませんが秒で到着できます。こっちはとても近くて便利ですね。

 

 

と、ここまで書いたところで「そういえば、こんなこと前にもブログに書いたよな」とおもいました。過去のブログをたどっていくと去年の6月も同じようなことを書いていましたね。

 

あと、大事なことに気づきました!

なんと、6月19日であいさぽ川崎店は1周年を迎えます! パンパカッ!

 

皆様のご利用があっての1周年です。ありがとうございます!これからも、ご利用お持ちしております。

 

 

さて、久しぶりの修理ブログですが、今回はこちらです。

 

バッキバキの画面のiPhoneSEですね。バイクに轢かれたそうです。

SEって一見すると5Sと見分けがつかなくて裏側を見て判断しなくちゃいけないんですよね。6と6Sも同じく見分けがつきません。唯一、SEと6Sでローズピンクだと一瞬でどっちかわかります。

最近、修理でSEが増えたなって感じるのですが、格安スマホのMVNOが新品で取扱っているのですね!そこで新規や機種変更するとSEが選べるのですね。

 

さてさて、こちらの端末は液晶がまったく表示されない状態なのですがマナースイッチ切替や音声コントロールの反応はします。

このような状態だと液晶交換修理で画面が映るようになることが結構な確率であります。あきらめずに修理に持ち込んでみてください。

 

では、フロントパネルを外していきましょう。

 

液晶画面側についている金属のプレートに数カ所凹みがあるのがお分かりいただけますでしょうか?

この画像だとわかりにくいですかね。

 

ここで、いったん交換用の液晶パネルを仮付けてみましょう。

 

うん。問題無く液晶が映りましたね!

このまま修理を続けましょう。

 

ばらして、金属のプレートだけ取り出すと

 

デコボコ感がよりわかりますね。

 

ここからパーツを移植していきます。

全ての移植が終了したら、はい!きれい!!

 

 

問題無く動きました。

 

ただ、このiPhoneは裏側のアルミフレームもかなり凸凹していたので、使い続けていくならバックアップをこまめにとっておいたほうが良いとお伝えしておきました。

 

水没の修理もかなり承るのですが、残念ながら復旧できない端末もなかにはあります。

そうなってしまった場合は端末自体の買い替えをするかたもいらっしゃいます。

画像や動画、音声データのバックアップはiCloudで自動バックアップもできますが、ゲームアプリやLINEなんかは自分で引継ぎ設定をしていないとまさかの時に困ってしまいます。

 

いまいちど、自分が良く使うアプリの引継ぎの仕方やバックアップを確認しておいたほうがいいかもしれませんね!

 

iPhone修理 あいさぽ川崎