こんにちは。iPhone修理あいさぽ川崎店の佐藤です。

 

さて、今回ご紹介する修理は液晶が映らないという症状です。

まずは、修理前の状態をご覧ください。

 

見るからに危険な状態の雰囲気を醸し出していますね。

画面の縞々模様に目を引かれますが、それよりも、画面上部のベゼル部分が危険な状態です。

内部パーツが丸見えになっていますね。インカメラ、近接センサーが露になっています。そして、画像ではわかりにくいですが、ホームボタンが陥没しています。

ここまでの破損したパネルはめったにお目にかかることはないので受付のとき、「すごいな」とつい呟いてしまいました。

 

パネルを開けてみましょう。

 

「おやっ!おかしいぞ」と、iPhoneを修理している人なら違和感のある画像ですね。

 

その違和感の正体は「パネル側に付いているはずのイヤースピーカー等のパーツがすべて外れて落ちている状態」です。開けてみてちょっとびっくりしました。

そして、やはりベゼル欠けにより内部に埃が入り込んでいますね。もちろん、内部清掃も修理の一部です。徹底的に綺麗にしますよ。

 

パネルを外して移植するパーツを取り外していきます。

と言ってもパネル上部のパーツはすでに外れている状態です。ただ、ベゼル欠けだとネジが外れてiPhone内部に入り込んでいたり、ネジやパーツがなくなっていたりすることが良くあります。案の定、この機体はインカメラガイド(インカメラを固定するプラスチックのパーツ)がありませんでした。なので、新しいパネルにパーツを取付けるときに新品のガイドを一緒に取り付けます。

 

そして、ホームボタン側ですが。

なんとビックリ!この機体、ホームボタンカバー(ホームボタンを固定するプレート)が付いていないではありませんか!!

上の画像はカバーを自分で外した後の画像ではありません。カバーが付いていなくて驚いて撮った画像です。

受付のときに「パネルの下部はあまり損傷していないのになんでホームボタンが陥没してんの」とおもいましたが、カバーがないならそりゃ陥没しますね。しかも、はずれて内部に落ちているのかとおもいましたが、どうやらパネルが破損する前からなかったようですね。

なので、これも新品のカバーを移植時に付けます。

さて、移植も済んで組立ても終わりました。

 

綺麗になりました。

 

 

お渡しのときにお客様が「ホームボタンが押せる!!ホームボタンがあるとすげぇ使いやすい!!」とおっしゃっていたのがなんかおもしろくて、そして嬉しかったです。

 

 

以前も書きましたが、iPhoneの画面が割れた状態で使っていると内部に埃などが入り込み深刻な故障につながる可能性があります。また、操作しているときにガラスの破片が指に刺さってしまう可能性もあります。修理中に何度か経験しましたがけっこう痛いのですよ。大きな声で「いたっ!!!」って言うぐらい痛いのです。

 

そんな不幸に見舞われる前に、画面が割れたらあいさぽ川崎店へ。

 

iPhone修理川崎 あいさぽ

 

 

 

ただいま、web予約で修理をされたお客様限定でキャンペーンを実施しています。

web予約はこちらから→iPhone修理あいさぽ川崎店予約フォーム