あれ?iPhone6の電源が入らない!そのような症状が起きた時の原因と対処方法について

iPhone6を使っていて、突然「電源が入らなくなった」なんていうトラブルにあった経験はありませんか?このようなトラブルにあった場合はどのように対処すればよいのでしょうか。

そこで、iPhone6の電源が入らなくなった際に考えられる原因と、その対策方法についてまとめてみましたので、よろしければ参考にしてみてください。

iPhone6で電源が入らない原因は大きく分けて2つ

iPhone6で電源が入らない時には大きく分けて2つの原因が考えられます。それは何らかの原因でiPhoneを動かすためのソフトウェアに異常が発生した場合と、基板が故障してしまった場合です。

ソフトウェアに異常が発生してしまっている場合は、これから紹介する缶入りセットや再起動といった方法でもとに戻せる場合がありますが、水濡れや本体の落下による衝撃で物理的に基板が損傷している場合には直せない場合があります。心あたりがある方はこれから紹介する方法を試す前に最初から修理業者へもっていくことをオススメします。

電源がすぐに落ちる!という時は簡易リセットや初期化を試してみよう!

iPhone6を起動してもすぐに電源が落ちてしまうような時は一度、簡易リセットや初期化といった方法を試してみると直ることがあります。簡易リセットはマルチタスクの削除をすることです。

iPhoneは一度アプリを起動すると、画面には見えないところで動作していることがあります。マルチタスクの削除とは、その裏で動作しているアプリを終了することです。

方法としてはホームボタンを二度連続して押すとマルチタスクが表示されますので、不要なものを上へスライドして削除します。削除が終わったらホームボタンを一度押せば終了です。

初期化は工場出荷前の状態に戻すことです。そのため、必ずバックアップをとった状態で行うようにしてください。

方法としては、パソコンとiPhoneをUSBでつないで画面上部にあるiPhoneのアイコンをクリックします。そうすると「iPhoneを復元」というボタンが表示される画面へ移りますので、ボタンをクリックしてください。

その後、「バックアップをするかどうか」、「復元または復元と更新」について聞かれますので、バックアップをまだとっていない方はバックアップを選択した後、「復元」を選択するようにしましょう。

手順としては概ねこのような形になりますが、使っているパソコンの環境によっては上手くできない場合ありますので注意してください。

ありがちなiPhone6の電源トラブルって?

iPhone6を使っていると、電源が落ちる以外にも思わぬトラブルにあることがあります。例えば、急に画面がフリーズやアプリが起動しないといったことです。

iPhoneは新製品がでるたびに高性能になっていますが、それでも一度に複数のアプリを開いていると内部のCPUにそれなりの負荷がかかります。この負荷が一定以上になってしまうと、内部処理が追い付かずフリーズやアプリの不具合の原因になってしまうことがあるのです。

また、「そもそも本体の電源が入らない」なんていうこともあります。この場合には、バッテリーの不具合や故障といった原因が考えられます。

電源トラブルでは、まず強制再起動を試してみよう!

電源トラブルの中でも内部のCPUに負荷がかかっているケースであれば、強制再起動をすることで直ることがあります。

これは画面がフリーズしてしまってボタンを押しても動かないケースでも有効な方法なので、そのような状態になってしまったら一度は試してみましょう。

強制再起動の方法としては、本体側面のスリープボタンとホームボタンを一緒に10秒程度長押しするだけです。この操作をすることによって、iPhone6が動かしていたアプリなどを強制的にシャットダウンすることができるため、再起動後のCPUにかかる負荷を減らすことができるため、動作環境が改善される可能性があります。

修理へ出す前に確認しておくべき、チェック項目とは?

強制再起動をしても状況が改善されないようなら、一度修理にもっていくことも検討してみるべきです。しかし、修理にもっていく前にいくつかの項目をチェックしておきましょう。

チェックすべき項目は、「そもそもiPhoneが十分に充電されているか」、「充電器が壊れていないか」といった基本的なことです。「毎日充電器で充電しているから、充電不足になんてなるわけがない」と思ってしまいがちですが、案外「充電器が壊れていて充電できていなかった」なんていうケースもよくあります。

また、充電器自体がよくてもiPhoneとつないでいるケーブルに不具合があるパターンも考えられますので、ちゃんと本体に充電マークが表示されているかも確認しておくようにしましょう。

直らない場合は、無理せず修理業者へ持って行くのも選択肢の1つ

ここまで述べてきた方法を試してみても症状が改善しない時は、修理業者で見てもらうことも選択肢にいれておくべきです。全国に民間の修理業者がありますので、そちらへ相談してみるのもよいでしょう。

Appleのサポートセンターに問い合わせると修理までに時間がかかる場合もありますので、そういう時はiPhoneの修理を行っている民間の修理業者へ直接もっていくということも選択肢の一つです。このような修理業者へ依頼するのは時間の節約につながるだけではなく、修理内容によっては代金が安くすむ場合があるのもメリットの1つだといえます。

前もって修理業者を探しておくことも対策の1つ!

iPhone6で電源が入らないケースには、主に「ソフトウェアの異常」または「物理的な故障」の2つが考えられます。前者の場合は再起動や初期化といった方法をとれば直ることがありますが、それでも直らない場合や後者のような場合は無理に自分で直そうとせずに修理業者へ持って行く方が無難です。

携帯電話には大切なデータが保存されていますので、不具合があった時はすぐに修理したいという人も多いのではないでしょうか。不具合が起きてから探したのでは時間がかかってしまうかもしれませんので、とりあえず自宅の近くに修理業者あるのかどうか探しておくことも大事な対策の1つだといえます。

iPhone修理専門店はコチラ>

iPhone6の修理はコチラ>

トラブル事例と修理料金はコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧