徹底解説!iPhoneの画面が真っ暗な時はどうしたらいいの?

1.iPhoneの画面が真っ黒になる2つの理由と見極め法

iPhoneの画面が真っ黒になったときは、まずその理由が何なのかについて見極める必要があります。iPhoneの画面が真っ暗になっているときは、本当に真っ暗になっている(ブラックアウト)場合と、電源がついていない場合の2つが考えられます。

そして、それぞれ対処方法が異なっているので、しっかりとどちらの状態なのかを把握しなければ、間違った対処法を取って状態を悪化させてしまうことになりかねません。そうならないように、iPhoneの画面が真っ暗になったときの原因の見極め方法を紹介します。

1-1.画面が真っ暗になる理由は大まかに2つある

iPhoneの画面が真っ暗になる理由は、「何らかの原因で本当に画面だけ真っ暗になっているか」「電源がついていないか」の2つです。何らかの原因で画面が真っ暗になっている場合は、その原因を取り除く必要があります。そのため、まずはどちらの理由で画面が真っ暗になっているのか確認するところから始めましょう。

1-2.確認する方法について

ブラックアウトなのか電源が入っていないのかを確かめるためには、まず、サイレントスイッチを押してその反応を見てみましょう。

サイレントスイッチはiPhone本体の左上にあるスイッチで、オンにしておけば着信音などが鳴らなくなる、いわゆるマナーモードの状態にすることが可能です。スイッチをずらしたときの隙間の色がオレンジの場合はオン、白い場合はオフになります。

このスイッチを動かしたときに、何らかの原因で画面が真っ暗になっている場合は、本体から音が鳴ったり、軽い振動が起こったりします。何も起きない場合は、電源がついていない可能性があるというわけです。また、コンセントなどにライトニングケーブルでつなぐという方法でも同じように確認することができます。

2.iPhoneの画面が真っ暗になる原因とは

ここからは、実際にどういったことが原因でiPhoneの画面が真っ暗になるのか解説していきます。iPhoneの画面が真っ暗になる原因はさまざまですので、しっかりと把握して間違った対処法を取らないようにしましょう。

2-1.充電が切れている場合

急に画面が真っ暗になって操作ができなくなった場合は、まず、充電が足りているかどうかを確かめましょう。充電が切れている場合は画面が真っ暗になり、操作することができなくなります。操作していたときの電池残量が少なかった場合は、充電不足が原因かもしれません。

2-2.ソフトウェアやシステムに問題がある場合

ウェブサイトなどを閲覧していて突然操作がきかなくなって画面が真っ暗になった場合は、ソフトウェアやシステムの不具合が原因の可能性があるでしょう。これらが原因の場合はいくつか程度があり、その程度に合わせて対処する必要があります。

まず、ホームボタンが機能する場合は、ホームボタンを2度押しすればマルチタスクが開くので、画面が暗くなったときに使っていたアプリを終了してみましょう。アプリがフリーズしていただけなら、すぐに復旧します。

次に、電源ボタンが機能する場合です。電源ボタンを長押しして電源オフの確認画面が表示されれば、そのまま電源を切ってもう1度起動すれば復旧します。その後、念のために画面が暗くなったときに使っていたアプリは終了させましょう。ホームボタンも電源ボタンも機能しない場合は、「強制リセット」を行います。電源ボタンとホームボタンを同時に押し続けると画面にアップルマークが表示されるので、ボタンを放して起動するまで待ちましょう。この操作が完了すれば、正常な状態に戻るはずです。

最後に、この強制リセットもできない場合は、iPhoneの復元を試すしかありません。iPhoneをPCと接続してiTunesを立ち上げて、「いますぐバックアップ」を選択します。その後「iPhoneの復元」を行えば、iPhoneは工場出荷時の状態に戻り、正常に起動するようになるはずです。改めて先ほどとったバックアップを「バックアップを復元」で元に戻せば、データも元の状態に戻すことができます。

2-3.ディスプレイケーブルに問題がある場合

ディスプレイケーブルに問題が生じて画面が真っ暗になることも考えられます。ディスプレイケーブルは本体の内部で液晶とつながっていて、何らかの理由でその接続が悪くなったり外れてしまったりすると、画面に影響が出るのです。

2-4.バックライトに問題がある場合

ディスプレイケーブルの調整や初期化を行っても改善しない場合や強い衝撃を与えたなどの過失がない場合は、バックライトに問題がある可能性があります。バックライトが切れると真っ暗というほどではありませんが、Appleのロゴがうっすらとかすかに液晶に浮かぶのが確認できる程度になってしまいます。

2-5.本体の落下、水漏れ、湾曲などが原因の場合

本体を落下させて強い衝撃を与えてしまった場合や水に濡れてしまった場合、本体が湾曲してしまった場合も画面が真っ暗になる可能性があります。これらは画面が真っ暗になること以外にも液晶が割れるなどの原因にもなるので、注意しましょう。

3.iPhoneの画面が真っ暗になったときの対処法について

iPhoneの画面が真っ暗になったときには、原因に合わせた正しい対処法を実践する必要があります。そのためには、それぞれ対処法が異なることも覚えておかなければなりません。ここからは、原因別の対処法について解説していきます。

3-1.充電切れの場合の対処法

充電切れの場合は、電源ボタンを押すと電池切れを示すマークが表示されるので、すぐにわかるでしょう。あまりにも充電が足りない場合は電池切れマークが表示されない場合がありますので、画面が真っ暗になったらとりあえず充電してみることをおすすめします。充電不足が原因ならば、不足具合によりますが15分~1時間ほど充電すれば復活するはずです。

3-2.落下、湾曲、水漏れがある場合の対処法

落下、湾曲、水漏れによって画面が真っ暗になってしまった場合は、有償での本体交換が唯一の解決方法です。これらが原因で画面が真っ暗になった場合は、ほかの部分も故障している可能性があるので、新品に交換してしまいましょう。

3-3.バックライトに問題がある場合の対処法

バックライトが切れていることが原因で画面が真っ暗になっている場合は、本体を修理に出すか、または本体を交換する必要があります。バックライトは液晶パネルに組み込まれているので、それのみ交換することはできません。

3-4.ディスプレイケーブルに問題がある場合の対処法

ディスプレイケーブルに問題がある場合は、ディスプレイケーブルの状態によって対処法が異なります。ディスプレイケーブルが外れている場合は、単純につなげば元の状態に戻るでしょう。

ディスプレイケーブルに調整が必要な場合は、Apple StoreまたはApple正規サービスプロバイダーへ持ち込んで対応してもらう必要があるのです。ディスプレイケーブルが断線している場合も、専門の業者に相談してください。

なお、自分でディスプレイケーブルをつなぎなおす場合は、慎重に行うようにしましょう。下手をすると故障してしまうことが考えられますし、iPhoneは自分で分解作業などを行うと、Appleの保証を受けられなくなる可能性があります。自分で修理する場合は、すべて自己責任になるということを覚えておいてください。

4-1.iPhoneの初期化ってどうやるの?

iPhoneが手元にある場合は、まず「iPhoneを探す」をオフにしてください。なぜなら、オフにしていないと初期化後にパスワードを求められ、それがわからないと操作することができなくなってしまうからです。その後設定から一般、リセットと操作して「すべてのコンテンツと設定を消去」を選べば、初期化が完了します。

iPhoneを売却したり失くしてしまったりした場合は、iCloud.comを使って強制的に初期化を行いましょう。WEB版のiCloud.comにアクセスをして、「iPhoneを探す」をクリックします。その後、検索してできた「すべてのデバイス」から強制的に初期化をしたいiPhoneやiOS端末を選択して、「iPhoneを消去」を選択し、ログイン情報とセキュリティ質問を入力すれば完了です。なお、紛失している場合は、拾った人に連絡してもらえるよう、電話番号を入力します。

最後に、パソコンを持っていない場合は、Apple Storeまたは、Apple正規サービスプロバイダーに問い合わせれば、強制的な初期化をしてもらうことが可能です。しかし、別途料金を請求されることがあります。

4-2.iPhoneの強制終了ってどうやるの?

強制終了と再起動による対処法は機種ごとに異なるので、それぞれの強制終了の方法を解説していきます。

iPhone6S以前の機種は、ホームボタンと上部のボタン 、またはサイドボタンを同時に10秒以上、Appleのロゴマークが表示されるまで長押しすることで強制終了ができます。

iPhone7・iPhone7Plusの場合は、サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に10秒以上、Appleのロゴマークが表示されるまで長押しすれば、強制終了完了です。

最後に、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus の場合は、音量を上げるボタンを押して、すぐに放します。音量を下げるボタンを押してすぐに放してから、Apple ロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けると、強制的に終了させることが可能です。

5.修理の目安と修理に出す際の注意点

どうしても画面が真っ暗になったまま直らない場合は、修理を検討したほうが良いでしょう。考えられる原因に対する対処法をすべて試して改善しないなら、専門家に任せるほかはありません。修理に出す際は、バックアップを必ず取っておくようにしましょう。本体が使えるようになっても元のデータが使えなければ意味がありません。

また、急に故障してしまったときのことも考えて、常日頃バックアップは取っておくようにしましょう。iPhoneを修理に出すなら、アフターサービスが充実している修理専門店の「あいさぽ」がおすすめです。iPhoneの画面が真っ暗になる原因は人それぞれですので、自分に合った対処法を見つけ、実践しましょう。

iphone修理専門店はコチラ>

トラブル事例と修理料金はコチラ>

iphone修理がはじめての方はコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧