iPhoneが画面割れ… 対処法や予防策まとめ

iPhoneの画面は液晶ガラス製で、なおかつガラケーより画面が大きいので割れやすい性質です。割れたりひびが入ったりしても本体に異常がなければそのまま使用できますが、少しでもひび割れが生じた場合は、早急に修理をすることが大事です。

なぜ早めに修理をしなくてはいけないのか、そして画面割れの修理方法などについていろいろとご紹介します。

ひび割れはそのままにしても大丈夫?放置するとどうなる?

iPhoneの画面割れが起きても、そのまま画面を修理することなくiPhoneを使用し続けている人は少なくありません。しかし、修理しないで放置していると大変なことが起こる可能性もあります。

画面が割れたまま使用すると、指に割れたガラスの破片が突き刺さることがあり、さらに少しでもひびが入ったらそこからどんどんひびが広がり、破片がiPhone内部にまで傷をつけることもあります。

結果、決して安くない修理代を払うことになるので、画面が割れた場合は早急に修理をした方が良いのです。

割れたままのiPhoneの使用に潜む多くの危険性

修理に出す前に!やっておくべき準備

iPhoneを修理に出す前にやっておくことがあります。修理に出すと部品交換のために分解をしなくてはいけないので、その際にトラブルでデータが消去してしまうことが稀にあります。そのようなトラブルを想定して、事前にデータのバックアップをして大事なデータを保存しておきましょう。

そして、「iPhoneを探す」の無効化をしなくてはいけません。修理を専門店に頼む場合、iPhoneを初期化しないと修理を受け付けてくれないところもあります。ですから、データのバックアップ後にデバイスの消去 (初期化)を行い、「iPhone を探す」を解除する必要があります。

iPhoneの修理が初めての方へ

画面割れでも適用される?保証は使えるの?

iPhoneの画面割れの修理は、Apple Storeか正規サービスプロバイダに頼めば修理をしてくれます。画面割れではなくほかの故障の場合、「故意でない故障」のときはサービス保証があれば無料で修理ができますが、画面割れは「故意による故障」と見なされ修理は有料となります。

サービス保証に加入していれば、画面割れの修理は安い料金で修理をすることができます。しかし、サービス保証に加入していない、あるいは保証の期限が過ぎている場合は、保証加入より高い修理料金がかかります。

修理方法を知りたい!iPhoneの画面割れの場合は?

iPhoneの画面割れの修理方法は、Appleの正規店、あるいは民間のiPhone修理専門店にて修理のお願いをする方法、そして自分で修理をする方法があります。

正規店や民間のiPhone修理専門店で修理する場合、店頭に行くかiPhoneを輸送して修理してもらうという方法があります。そして、自分で修理をする場合は別売りのiPhone専用のガラス、そしてiPhoneの部品を分解する際に必要な精密ドライバーなどの工具数点があれば、自分で修理をすることができます。

修理時間はそんなにかからない?費用の目安は?

iPhoneの画面割れはApple Storeか正規サービスプロバイダ、または民間のiPhone修理専門店で頼んだ場合、店頭へiPhoneを持って行きその場で修理をしてもらう、または郵送でiPhoneを送って修理をしてもらうという方法があります。

店頭での修理は早くて数時間で完了しますが、郵送の場合は送ってから戻ってくるまで1週間ほどかかります。修理料金はApple正規店でお願いすると、サービス保証に加入していた場合は3,400円、サービス保証に加入していない、あるいは保証の期限が終了していた場合は機種の種類により修理料金が異なり、iPhone6またはiPhoneSEは14,800円、iPhone 6 Plus以降のものは17,800円の修理料金がかかります。

民間のiPhone修理専門店でお願いした場合、店や機種の種類によって料金は異なりますが、古いiPhoneだと5,000円ほど、最新のiPhoneでも高くて8,000円程度と正規店よりも安く、さらに即日対応が可能なことがほとんどです。

正規店と民間のiPhone修理専門店の料金やサービスの違いはコチラ>

画面割れを未然に防ぐ!割らないための予防策

iPhoneの画面割れを事前に防ぐための予防策としては、強化フィルムを画面に貼ることです。強化フィルムは画面を汚れから守るだけでなく、耐衝撃のガラス製もあります。耐衝撃のフィルムを選んで画面を保護しましょう。そして、耐衝撃ケースでiPhoneを守ることも重要です。

ケースもいろいろな種類がありますが、見た目の良さだけでなく耐衝撃や防水機能があるケースも販売されているので、耐衝撃ケースを装備してiPhoneをしっかりと守りましょう。

まとめ

iPhoneの画面割れが起きても本体に異常はないから使用を続けても大丈夫だ。そう考えて使い続けていると、画面割れが原因でiPhone本体も損傷して、ガラスの破片で自身も怪我をする可能性があります。

被害を最小に食い止めるためにも、画面が割れたらすぐに修理に出しましょう。そして、画面割れが起きないように衝撃に強いフィルムやケースでしっかりとiPhoneをガードすることも大切です。アイホンは精密機械であり決して頑丈なアイテムではないので、日頃から大事に使うことを心がけることが重要です。

iPhone修理専門店はコチラ>

フロントパネル(ガラス)の画面ひび割れ交換修理はコチラ>

iPhone修理専門店のメリットはコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧