こんにちは!あいさぽ新宿本店の山川です。
 
朝晩が急に涼しくなってきましたね♪
秋の足音とともに新型iPhone発売の(噂)情報もチラホラ
ネットニュースを賑わせるようになってきました。
 
今度の新型機種では去年発売のiPhone Xで”初めて”搭載された
Face ID(顔認証)機能が全ての機種に対応するかもしれないそうです( ゚Д゚)
 
“初めて”指紋認証が搭載されたiPhone 5sは長らく私の愛用機でしたので、
ホームボタン(Touch ID)が無くなってしまうのは寂しすぎる~(泣)
 
さて、今日は“初めて”つながりということで、
iPhone6sのフロントパネル交換をご紹介したいと思います。
“初めて”3D Touch(感圧タッチ)が搭載された機種ですね♪
 

 
一見普通の画面割れ?と思いきや、、、
 

 
ご覧の通りホームボタンの横のガラス片が欠けて内部が剥き出しになってしまっています。
この状態のまま使っていると水濡れ等でショートを起こしかねません。
 
今回は落とされてスグにあいさぽへお持ち込みいただいたそうです(^^)/
 

 
受付で動作の確認をさせていただくと、何とか指紋認証機能は生きているようでした(^-^)
お客様も普段この機能を多用しているので、できれば使い続けたいと仰っていました。
 
早速修理に取り掛かりましょう!
パネルを外し、部品を分解していきます。
 

 
これはホームボタン付近を裏側から見たところです。
こちら側から見て表側が惨事になっているとは想像もできないですよね(笑)
いつも修理していてiPhoneの構造に感心させられます♪
 
赤い〇で囲った部分、先ほどガラスが取れ内部が剥き出しになっていたところです。
もし、反対の青い〇で囲った付近のガラスが欠けていたら??
 

 
ホームボタンを裏から支えているプレートを外した写真がこちら。
 
ホームボタンのケーブルはここで、パネル内を通る延長ケーブルと繋がっています!
このケーブルが切れたらホームボタンは使えませんし、指紋認証もモチロンされません。
間一髪でホームボタンの交換は免れました、、、
※注 ホームボタン交換ではクリック機能は復活しますが、指紋認証は使えなくなります。
 

 
移植のため、そーっとホームボタンを取っていくと
 

 
ガラスの欠け落ちてしまった箇所がようやく見えました(緑の〇部分)
 
あと1、2cm落とし所が悪かったらthe ENDでした。
今回はお客様の運が良かったみたいです☆
 

 
無事、修理後も指紋登録は行えています♪
 
ぜったいに落としたくないiPhoneですが、万が一落とした際は
ホームボタン付近をちょっと見てみてください。
 
そこにヒビ割れや欠けがあったらスグに修理されることをオススメします!
放っておくと悪化することが多いことは、私たち修理スタッフがたくさんの
実例を見てきているのでぜひご参考になれば幸いです。
 
ホームボタンの無い機種はどうなる?
 
 
ではまた~(^-^)
 
【あいさぽ新宿本店 最寄駅のご案内】
●JR 新宿駅【東南口】から徒歩30秒
●丸の内線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
●副都心線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
●都営新宿線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
 
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-35-3 森治ビル3F
 
iPhone修理 あいさぽ新宿本店