こんにちは! iPhone修理あいさぽ新宿本店の山川です。
 
当ブログをご覧の皆様、あけましておめでとうございます!!
 
そして新成人の皆様、誠におめでとうございます♪
今日は成人の日ということで、成人式やお酒の席に参加される予定の方も多いかと思います。
 
初めて飲むであろうお酒の味と、久しぶりに会う幼なじみとの再会についつい羽目を外してしまいがちな日ですが、お使いのiPhoneを落として画面が反応しなくなったり、水没させてしまって「せっかく撮った大切な思い出が取り出せなくなった!」なんてことにならないよう、お気をつけて楽しんでくださいね♪
 
さてさて、長くなりましたが今日は、もしも水没させてしまった時の応急対処方を簡単にご案内したいと思います。ネットで調べると様々な方法が載っていて、一体どれが正しいのか分からなくなってしまうこともあるかと思います。
 

 
どの方法を試すにしても、必ず守っていただきたいことはただ一つ
「電源が点くかどうかスグに試そうとしない!」ということです。
 
濡れた後も起動している場合もそうですが、うんともすんともいわなくなった場合もとりあえず何もしないでください!
焦るお気持ちはすごくよくわかります。もう濡れてしまったのだから潔く抵抗しないでそのままにしてみましょう☆ 乾いたタオルやティッシュ等で急いで拭くのは当然していただいて構わないですが、外出先ならあとはそのまま持ち帰りましょう!!
 
そして、「お近くのあいさぽを予約して少しでも早く乾燥クリーニングをしてもらう!」
これに尽きます。。。ただ、お忙しい方ですぐには店舗へ持っていけない!という方は以下の方法でできる限り内部の乾燥を試してみてください。
 

 
用意するものはクリップ!
 

 
それをこのようにして折り曲げます。※SIMピンをお持ちの方はそちらをお使いください。
 

 
お使いのiPhoneの側面に写真のようなトレーが隠れていますので、近くにある穴に先ほどのクリップを「真っ直ぐ、しっかりと」差し込むと、
 

 
トレーがポンっと出てきます。
 

 
そのトレーの差込口へドライヤーの「冷風」を思いの丈(の時間)だけ当てていただければ、
少しは内部乾燥の役には立ちます。
 

 
パネルを取り除いた写真です。基板付近に風が当たるイメージができますでしょうか?
 

 
iPhoneをぐるっと1周見まわすと他にもイヤホンジャックやコネクタ部分にも穴が開いていますが、こちらは下の写真のように行き止まりです。
 

 
スピーカー部の穴がたくさん開いた部分はスピーカーとつながっていてこちらも内部までは風が入りにくくなっています。
 

 
当店のような修理店にお持ち込みいただけましたら、パネルはもちろん、基板の裏側まで外すことができますので、侵入した水分をしっかりと乾かせます。
同時に腐食があった場合はクリーニングをして、腐食が広がらない処置もできます。
 
大切な思い出のバックアップが間に合わなかった方はぜひあいさぽをご利用いただければ幸いです。
 
【あいさぽ新宿店 最寄駅のご案内】
●JR 新宿駅【東南口】から徒歩30秒
●丸の内線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
●副都心線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
●都営新宿線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-35-3 森治ビル3F
 
新宿iPhone修理 あいさぽ本店