はじめまして、iPhone修理あいさぽ新宿店の佐々木です。
 
あいさぽに入って約半年…いよいよ私もブログの作成担当になりました。
どうぞ宜しくお願いします!
 
今回は、まるで交通事故にでもあったかのように折れ曲がった
iPhone6の修理をご紹介致します。
 

 
(゜o゜)
 
いったいこのiPhoneに何をしたんだ…!?
と思わず責めたくなるほどバッキバキな画面。
そして、横から見ると「おうふ…orz」と声が出てしまうほどに曲がっています。
 

 
このiPhone、お持ち込み時点では起動していません。
画面には暗闇と絶望と佐々木の顔が映るのみ。
 
ここまで曲がったiPhoneでも、
「あいさぽ」は受け付けます!!
チャレンジします!!
 
割れた「液晶パネル」の交換
曲がった「バッテリー」の交換
「フレーム修正」作業
 
上記の3つでお見積りをし、お預かりする事になりました。
お客様のご希望は「データが取れるまでとことん修理して欲しい!」とのこと。
 
 
さてさて、まずはフロントパネルを取り外します。
 
予想通り、グニャリと本体に沿って曲がっている基盤とバッテリー。
むむっ…どうしたものか…
 
バッテリーは柔らかいので外してから押し伸ばせば
真っ直ぐにはなるのですが、外す際に機能しなくなってしまう可能性があります。
 
そこでリスクを最小限に留めるため、バッテリーを付けたまま曲げ直す事にします。
本体フレーム、基板、バッテリーを優しく、そしてゆっくりと曲げ直していきます。
 
優しく、優しく、ゆっくり、ゆっくり…時にはぐっと力を入れて…
 
そんなこんなで ”ほぼ” 真っ直ぐになったiPhoneがこちら↓
 

 
次に、新品のパネルを仮で接続して起動チャレンジ!
 
すると、
 
おや…?
 
充電マークが出ました!!
 

 
バッテリーは無事なのでは!?
という期待で胸がいっぱいになりながら充電が貯まるのを待ちます。
 
チクタクチクタク…
 
暫し他のお客様のiPhoneを修理をしてから、戻ってどうなったか確認したところ…
 
なんと!
 
「iPhoneは使用できません 55分後にやり直してください」の文字が!!
 

 
このお客様はとても幸運でした!
 
画面割れに起因する液晶表示不良で稀に画面が
勝手に押され、パスコードを何度も誤動作によって
入力されてしまうことがあります。
 
最悪データが取り出せなくなる状態になることもありますので、
画面が誤動作していることに気づかれましたら
修理店に持ち込むまで電源を切るか、スリープボタンで画面を
消すことを強くお勧めします!
 
それだけでもデータが消えるリスクは随分と減ります!!
 
 
お見積りでは「バッテリー」交換を含んだ金額でお伝えさせて頂きましたが、
今回は「液晶パネル」の交換と「フレーム修正」の2点で修理をさせて頂きました。
 
受付時に起動していない以上、お見積り点数はどうしても増えてしまいますが、
あいさぽでは必要な箇所のみの修理で、お渡しさせていただいております。
 
お預かりの時間上お客様がパスコードを解除される瞬間までは見守る事が出来ませんでしたが、
あんなに折れ曲がっていたiPhoneをデータが取得できる状態まで復活させることができ、
私たちもひと安心です♪
 
グニャリと曲がったiPhone、あきらめてしまう前に
是非一度「あいさぽ」にお持ち込みください!!
 
WEB、お電話、チャットにてご予約お待ちしております♪
 
あいさぽ新宿本店