お世話になっております。iPhone修理あいさぽ新宿店の山川です。
 
前回に引き続き、iPhone7 の修理事例をご紹介していきたいと思います。
 
iPhoneの故障で圧倒的に多い「画面割れ」や「バッテリーが持たなくなった(膨張してきた)」
に次いで多いお問い合わせが、「ライトニングコネクタの不具合」になります。
 
今回はコンセントでもPCでも反応しないとお持ち込みいただいたiPhone7です。
 
ライトで確認したところ、端子が折れていたので、パーツの交換になりました。
 
さっそく分解行程を見ていきましょう。(フロントパネルを外すところは省略。)
 

 
パネルを外した後の基盤側はこのような感じになっています。
 
iPhone6→iPhone6s→iPhone7と内部レイアウトはほぼ変わりなく来ているので
修理をする側としては見慣れている分、安心できます。
 
もちろん変更点もあります。Taptic Engine (バイブレーター)の左下から
何やらケーブルらしきものが出ていることに気づきますでしょうか?
 

 
拡大した画像です。写真上半分を占めているのが新しいTaptic Engineです。
これを外す前にまずはドライバーの先端で指し示しているプラスチックカバーを外していきます。
 

 
ここにもコネクタがあります。今までバイブレーター(Taptic Engine)はケーブル側のコネクタに
スプリング端子で接することで繋がっていました。iPhone7からはコネクタ形式に変更されています。
初期のiPhoneから修理をしている我々スタッフにとっては、バッテリーでもなく、カメラでもなく、
このパーツが一番大きくなったことにビックリです(笑)
 
普段ならここで、ライトニングコネクタを外していく行程に入るのですが、
ここでまたしても変更点が。
 

 
4つある赤い○のうち、本体真ん中にあるのがライトニングコネクタとメイン基盤をつなぐコネクタ部分です。
実はこれ、前モデルまでは基盤の一番下にありました。
iPhone4や4SではiPhone7と同じく基盤の中ほどにありましたが、ケーブルは基盤の上を這っていました。
上の写真を見ていただくと、すっきり下に収納されております。
 
というわけで、iPhone7では基盤を外してからでないとライトニングコネクタを交換することができなくなりました!
(修理時間がかかる!!)
 

 
特殊ドライバーを使ってコネクタカバーを外していきます。
 

 
これはiPhone6から変わらずあるパーツ。
 

 
アンテナ補助パーツ
 

 
大きい方がリアカメラ、小さい方がアウトマイクとフラッシュのコネクタ。
 

 
オレンジ色の囲みにある4本の台座ネジとグリーンで囲った2本のアンテナも外します。
 
ブルーで囲ったところはSIMスロットを取り出すときの穴部分ですが、次の写真
 

 
伸びてきたツメで基盤をさりげなく止める構造になっているので、このツメを引っ込めてあげます。
 

 
最後にリアカメラコネクタの下にあるプラスネジを外せば
 

 
ようやく基盤が取れ、ライトニングコネクタにたどり着くことができます!
 

 
ここからは前モデルと同じような流れになります。
スピーカーを外し、ライトニングコネクタをフレームに固定しているネジを外します。
細かい部品がまだ付いてますので、気は抜けません。
 

 
通話マイクの接着をはがします。
 

 
iPhone6sPと似た構造のネジもあります。
これらは黒いテープで目隠しされていてパッと見では気づきません。
 
最後はケーブルとフレームの間の接着をゆっくりと剥がして取り外し完了!
 

 
これが外したケーブル。
 

 
これが残った本体フレーム。
何とも寂しいものです。
 
これまでの作業を逆回転で順番に戻していけば修理完了!!
 
発売から半年が経ったiPhone7ですが、お問い合わせも徐々に増えてきております。
お困りのことがありましたら全国のあいさぽまでまずはお電話ください。
 
iPhone7修理あいさぽ新宿店