こんにちは、iPhone修理あいさぽ新宿本店の望月です。
 
今回は
iPhoneユーザーの皆様も、そうではないスマフォユーザーの皆様も毎年恒例の夏場の
スマートフォンに共通の注意点をお伝えしたいと思います。
 
ずばりバッテリー膨張
 
iPhone5比較
 
iPhone5比較-2
 
バッテリー劣化による膨張もありますが、夏場の直射日光や車内等の高温場所に放置した場合の熱膨張が考えられます。
機種によっては膨張したバッテリーによりフレームやフロントパネルを破損する場合があります。
iPhone5以降の端末はフロントパネル側に圧力がかかりやすく、初期の段階でもガラス面を押し上げて来ます。
ケースなどを装着していると気付き難いこともありますね。
そのまま液晶破損、フロントパネル破損を起こすことがありますので早めに交換する必要があります。
放置しておくと、パネルに付随するケーブル類まで影響が出てしまう恐れがあり、修理箇所が増えてしまったり
最悪、基板自体に影響して再起不能になってしまうことも考えられます。
 
このバッテリー問題は、特にiPhoneに限った事では無くリチウムイオンバッテリーの特性上、避ける事の出来ない症状です。
ちなみにメーカーの公式上では以下のように仕様が定められています。
 
Apple公称 安全使用環境
動作時環境温度:0°~35°C
保管時(非動作時)温度:-20°~45°C
相対湿度:5%~95%(結露しないこと)
最高動作高度:3,048 M(動作テスト確認済み)
 
とされていますが、通常使用で夏場の温度は範囲内に収まらないと思うのですが・・・・
とは、言え自身で意識すれば予防出来ることもありますので、是非覚えておいてください。
 
・単純なバッテリー性能低下は低温時に起こりやすい
・夏場の車内のダッシュボード上や車内に放置しない
・満充電になった時に充電ケーブルを外す(就寝中等、充電したまま放置しない)
(リチウムイオン電池の特性として残量20%~90%を維持すると性能の低下が起きにくい)
・充電しながらの操作を極力しない。
・モバイルバッテリーの多用を避ける。
・モバイルバッテリーを挿したまま使用しない。
・車、その他の電源からのトランスミッタータイプの充電器は説明書を良く読んでください。
・体感的に、本体が熱くなって来たら使用を控える
(カバー、ケース類も外しておきましょう)
 
いかがでしたか?
ご自身でも、思いあたる行動はないでしょうか。
お客様のご使用端末が1年以上なら、予めバッテリー交換をするのもお勧めです。
是非、お近くのあいさぽへお問い合わせください。
 
iPhone修理あいさぽ新宿本店修理価格抜粋(H28.7.21現在)※全て税別表記
修理対応・各種バッテリー交換 4980円~ 修理時間約30分~
※(3G/3GSは2014年末で対応終了)
 
iPhone5 フロントパネル交換 9,800円修理時間約60分
iPhone5S/5C フロントパネル交換 10,800円~修理時間約60分
iPhoneSE フロントパネル交換 11,800円~修理時間約60分
iPhone6 フロントパネル交換 10,800円~修理時間約60分
iPhone6plus フロントパネル交換 15,800円~修理時間約60分
iPhone6s フロントパネル交換 21,800円~修理時間約60分
(※タッチパネル、液晶パネルまでの破損は上記金額に+2,000円となります。)
修理価格は店舗によって異なる場合がございますので、直接のご確認をお願い致します。
 
iPhone修理あいさぽ新宿本店