お久しぶりです!iPhone修理あいさぽ新宿店の原口です。
だんだんと暑くなってきましたね(-.-;)
梅雨を通り越して夏が来てしまうのではないかと少し不安を覚えます…
日差しが苦手なのでそろそろサングラスをかけようかと迷っているのですが、まだはやすぎるかな??
 
さてさて、夏に近づくと増えてくるのが水没です。
最近ぐっと増えてきて、毎日のように水に落とされた方が来店致します。
 
今回はなんとiPhone6sの水没修理を紹介致します(^o^)
発売されて半年過ぎました。徐々に6sの修理が増えてきた気がします。
 

 
見た目はなんともないように見えますね。ですがスリープボタンを押しても起動する気配がありません。
ネジを外して中を見てみましょう。
 
iPhone6sからは防塵テープが付いているので、開けるのが少し大変です。
 

 
本体下部部分に水が残っていました。
上部はそこまで目立ちませんが、基盤を外して乾燥作業を行っていきます。
 
ネジの数が多くなった気がしますが、ほぼiPhone6と同じように分解していきます。
 

 
やはり水没シールが赤くなっていますね。
液晶端子のあたりも水により腐食しているのでクリーニングをしてあげます。
基板側を乾燥している間にフロントパネルの乾燥・クリーニングを行います。
 

 
メタルプレートを外してみると水分がたっぷり入っていました。
見えている水分は拭き取り、同じく乾燥させていきます。
 
乾燥・クリーニングを終えて組み立ててみました。
起動するかな…ドキドキの瞬間です。
 
えい!
 

 
おぉ!起動しました!やはり水の影響で液晶の表示がおかしいですが、その他の動作は問題なく行えます。
 
今回は液晶を交換して以前のように使用できるようになりました\(^o^)/
 

 
心なしかiPhoneの中の魚もいつもより元気に泳いでいるように見えますね。
 
気をつけていても思わぬところで壊れてしまうことが多いかと思います。
トイレやお風呂にはなるべく持ち込まないほうがいいかもしれませんね(-.-;)
乾燥作業で少しお時間を頂きますが、即日お渡しさせていただきますので
まずは、お問い合わせください!
 
お待ちしております(*^^*)